道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
海とピンキー
20130809 (4)

エステルラインに挑戦中。
とりあえずこの「切れる時の潔さ」に慣れない...。

次回は5lbくらいのナイロンリーダーを組んでみたいですねー...。


20130809 (1)

別府観光港の釣果情報にまた騙されてた週末の夜ですた。 orz


スポンサーサイト
| 2013/08/09(Fri)23:24 | 釣り |
おけら in 佐賀関

20130804 (25)

苦しみ乗り越えて

新たな場所へ


月の明かりで

生き延びる

20130804 (41)

久方ぶりの佐賀関港。
アジっ気はさっぱりでしたが、色々と楽しめました。


切り替えて、今週は依頼品のスタンディングロックのリメイク作業。


がんばります。
| 2013/08/04(Sun)23:49 | 釣り |
夏の青物

夏の歯物に

会いたかった


会いたかった


会いたかった




会えなかった



20130720 (2)


20130720 (5)


20130720 (8)


朝焼けの向こうの女神大橋が何故か滲んで見えた。

そんな20日早朝でした。



みゃおでした。


| 2013/07/23(Tue)20:41 | 釣り |
佐世保シーズナルにて



どう見てもイメージダウン!! Σ (゚Д゚;)

みゃおです。こんばんあ。

さてさて本当にご無沙汰でしたが、釣りに行ってまいりました。
佐世保は九十九島エリアを案内してくださるシーズナルさんのお世話になり、シーバス、エギングと、とりあえず逆パンダになるまで没頭。


20130527 (1)

博多湾ボートシーバスとは全く趣を別にするゲーム性には、非常に魅力を感じます。 (*゚∀゚)

こんな風に、その釣りの面白さや新しい一面を知ると、決まって手札の少なさを痛感することが通例で、今回も例に漏れず、船上では「あーっだらこうなのに」的な妄想や、ジレンマに、良くも悪くも悩まされる楽しい一日でした。



20130527 (4)

それとはまた別に、地力の面でどうしようもない不甲斐無さを今回も露呈。


ピンが打てません...。


案内して貰ってて情けなくなるヘタれさで、相当数の魚を捕り逃しているところは、課題。

個人的にはそこで開き直って、状況を打開するロッドのロジックで克服するスタンスなので、ここから芽生えるであろうインスピレーションをもって、ロジックの具現化に努めたいです。


他方、エギングでは、とにかくシチュエーションが新鮮。
なんちゃない開けた海域だと思ってたエリアが、関門並の複雑で太い潮流を形成するエリアで、そこに絡めた回遊の見立て狙い撃ち...。

傍から見るとアンカリングしての淡々とした釣りに見えますが、実際にやってみると、目前の目まぐるしく変わる状況に翻弄され手も足もでない、なんてことになりがちな程。


20130527 (5)

そして森下船長、お手本のナイスサイズ。

流石です。


次回はなんとか捻り出したいですねー。( ・∀・)ノ
他にも違った釣り方も体験させてもらって、それこそ新鮮な1日でした。

季節が進めば更に色々な展開も期待できるそうなので、目下ヘソクリをスケジューリングしている自分です。


森下船長。
またよろしくお願いします!


みゃおでしたー。


-余談-



作業中BGM
| 2013/05/27(Mon)23:52 | 釣り |
穂のかに生臭い左手(喜)

20130310.jpg

初バスげっと。

みゃおです。こんばんあ。

さて、ご無沙汰しております。
一応、元気でやっております。

仕事でへまする事も多く、正直色々と頭を抱えしんどくもありますが、他方で、やりがいを感じながら働けていることですし、これ以上は贅沢というものでしょう。

そんな中、慎ましく堅実に引き続き生活し、克いい加減釣りに行こう、ということで。

北九よりしゅうへーを召喚し、自宅より半径10km圏内でのブラックを狩りに出かけました。


しゅうへーの突発的な衝動により、何故かクランクベイト縛り。

故に当然、フィールドにも必然性。


20130310 (12)

自分でクランク縛りを希望しておきながら、いざ案内されるとぶーたれるしゅうへー。

曰く


「こんなとこにおるはずがないやろ」


と。



20130310 (24)

足場も若干高く、場合によっては6ftダイバー等でのアプローチも求められるポイント。
とりあえずしゅうへーにもスコブルts-mid(スキルフル)を貸し与え、点在するであろうピンを輪切りにすべく引き通してみましたが、2人で午後一杯やって、3バイト1フィッシュ。


大分の地方的な傾向なのか、ピンの傍で若干小突く程のテンションでボトムスタックさせて、スポットに絡め留めておくと反応が良いように思えるのですが、如何せん、実績が少ないので根拠に乏しい現状。

「ピンでフロー」よりも「ワート」的な印象が強かった、という程度のイメージで、頭の片隅に置いておきたいと思います。


20120831.jpg

20120831-(4).jpg

昨年夏に作製した代物も今回から投入してみましたが、どちらかというと「物に絡ませない」類のテーパーなので、釣行内容的には、要所での使い分けが肝要です。
ブランクの味付けでは、良い感じで想像通りのニュアンスがでていたので、この方向性のまま煮詰めていきたいですね。

もう1本、相対的にモデレートなテーパーのグラスと併せて、しゅうへーに練習用で持たせてみましたので、それらが帰ってきた暁には、ルアーとテーパーの相性とかについて、覚え書きで残したいと思います。



はい。
というわけで。

無事初バスも釣れた事ですし、3月も頑張っていきましょう。


みゃおでしたー。



-余談-



しゅうへーのイチオシ

| 2013/03/10(Sun)22:59 | 釣り |
 │ ホーム │  次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。