道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
200803« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»200805
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
自分は載ってないですw



今週の釣りニュースに宇野君がでかでかと載っとります。
内容は今月頭に行った熊本天草エギング釣行です。
因みにメンバーは自分、宇野君(UNO@)、大倉(チュウトロ)、畦地さん(あぜっち)、そして先々週の表紙を飾った日高さんの5人。
場所は上天草となってます。

自分の書いた記事はこちら


あんときさんざんもったいぶってたものの正体は、UNO@の釣ったイカ。
正直普通に表紙だと思ってたんですが、残念ながらそれはならず。
でもまぁしっかりと載っとりますので、良ければ見てみてくださいー。


タイトルにもありますが、写真嫌いのため自分だけ載ってないですが悪しからずw

スポンサーサイト
| 2008/04/28(Mon)13:56 | 未分類 |
本庄池釣行、いろいろ
只今帰りました。

みゃおです。
クラスメイトに貰った風邪が起床後に最高潮を向かえていたのに、釣りをしてたらいつの間にか症状が収まってたみゃおです。

というわけで、昨日、今日と連日で飯塚だと思ってたら八幡・みやこ町の犀川ってとこにあるらしいです本庄池というところに行ってきました。

池ってなってますが、まぁ小規模なダムみたいなとこです。
規模的には北山の北湖とどっこいかちょい大きいくらいですね。
ただ決定的なインレットに欠けるところは野池的ですが。

さて、最初に釣果の報告をば。
初日、2日目共に諸事情により半日ずつで、計18バイト12フィッシュでした。
内訳は初日5バイト4フィッシュ、2日目13バイト8フィッシュ。


釣れたのはこんな奴ら

080426_102804.jpg

080426_110504.jpg

080427_065006.jpg

言っときますけど全部違う魚ですからね!?

因みに真ん中のコが一番長いですね。
ウェイトで一番のコは写メ撮ってないですね、ぶっちゃけどれが一番か判らないですしw
てなわけで、釣れた12本全部37~42の間という結構驚きなアベレージ。
その分数はあんまり釣れなかったですけどね。


続いて簡単に経過報告です。

初日はとりあえず全体を見て回ろうと思ったので、巻物ロッドとジグロッドを持って湖をグルグル。
朝イチに入ったポイントでクランクに反応してきて、その反応からまだプリ寄りっぽいなぁと判断。
途中でスピニングに持ち変えて、スポーンに絡みそうなシャローからその手前のブレイクにかけてさぐっていったらポンポンと何本か獲れました。

因みにクランクに喰ってきたコ。

080426_064852.jpg

ん~ナイスサイズ。
このてのサイズがある程度コンスタントに釣れると楽しいですねぇ。


初日はそれ以降風邪が悪化してきてグロッキーだったんで、途中で中断して適当に遊びながらへら釣りを見てたんですが...。

080426_132657.jpg

なんぞこれ。

080426_152523.jpg

すくってみたらロリギルの大群でした。パねぇw

へらのえさ打ってる場所の表層も同じような悲惨な状況になってたんですが、時折凄い勢いで魚が
散るので何かと思ったらどうやらバスが追っかけてるみたいでした。
へらのダンゴえさでバスが釣れるから驚きですね。いや?0,3号で上がることに驚くべきでしょうか?

まぁとにかくギルも含めベイトは豊富なようです。
そのあとに2匹ほどへらぶなみたいなゴッツイ50upを目撃したんですが、軽くあしらわれましたw

そんなこんなで初日はgdgdで終わっちゃったんで、今日はとことん突き詰めようと思っての2日目。

現地についてから、当日がへらの大会だったことを思い出しました orz

そもそも前日の釣行自体が、へらの前プラにくっついていった釣行だってのを失念してましたよw
というわけで、北山北湖に40人弱のへら師が竿をだしてる光景を思い浮かべていただきたい。


まともに釣りできるとこがねーですよ。


てなわけで、湖の片隅でちじこまりながら釣りをして、狙いの場所が空かないか様子を見てたんですが、幸運なことにへら師が移動。

すぐさま入って考えてた釣りを実行に移すとすぐに答えが返ってきました。

そんな感じで2日目の8本の内7本はこのタイミングでジグヘッドのスイミングで獲りました。


パターンとしては、全体的に見てやっぱり下流が遅れてるみたいなんでそこのプリ狙い。
最初は全体的に流れがないことを考えて、下流のボディウォーター的な少しでも水のよさそうなところで釣ってたんですが、どうにもストックが少ないのか後が続きませんでした。
というわけで、一転して若干遠浅気味のワンドのブレイクに狙いを変えたら反応。
それで結構差してきてるんだなぁーと思いました。ここまで気付いて初日が終了。
翌日に似たような場所で前日試さなかったジグヘッドを投入したところ、たちまち反応が良くなってプチスパート。と言っても2~30分に1本ペースですが。
途中でバラしに悩まされつつもそのまま何本か追加して最終的にこの釣果です。


今回の釣行で思ったのは。
 ・なんで春になるとミスバイトや浅がかりが多いのかのか。
 ・なんでジグヘッドでは釣れるのにダウンショットでは釣れんのか。
 
このふたつがおおきなところです。
前者に関しては以前どこかで聞いたような覚えがあるんですが忘れてる自分が憎いw
後者に関しては一切理由の検討がつかないです。なんかしゅうへーも同じことで悩んでるそうで。

まぁそれ以外にもいろいろと発見やら考えなおすべきことが見つかったので、これから釣り具の片づけをしながら復習です。


う~ん...やはり奥が深い。


最後に蛇足でジグヘッドでの1本。

080427_114830.jpg

上あごに狙ってかけられたのに、やっぱり浅がかりで未貫通。
少しでもエロスを感じた人は腕立てですよw

| 2008/04/27(Sun)22:22 | 釣り |
20年度 北山実習1発目。

お晩です。
最近ようやく再起動してやる気再燃中の管理人、みゃおです。

本日北山ダム実習に参加してきました。

今年度一発目の実習だったんですが、なんと早速1年生の人が3名参加されてました。
去年の自分たちと比べて、あまりのやる気と行動の早さに驚き。
この調子で2年よりも多い人数が参加してくれるようなら、それも面白いかもとか思ってたりしますw

さて、本日の実習のテーマは。

スポーンの為に差してきてる魚の計等をとって、そこから自分なりの解釈で釣りを展開しよう。

てな感じのものだったんですが、ハッキリ言って全然展開できなかったです。

午前中に得た釣果を元に考えてはみたんですが、さっぱり共通点が見えないです。
それは多分単純な洞察力不足だけじゃなく、絶対的な経験不足による分析視点の角度の違いだったりするところが大きいんじゃないかとは思うんですが、流石に全く見出せないとなると結構ショックでしたw

そんなわけで午後も午前と同じように同じエリアを釣っていったんですが、それでも少し見えたような気がするかな?ってとこです。
午後は午前と違い1本エンカウンターが出たんですが、そいつのせいで逆に惑わされてる気もしますw

因みにこんな感じの。


例の如く自分は写真嫌いなので同船したしゅうへーに持たせてみました。
改めて見ると結構でけぇなぁ...(´ー`)y-~~

080425_143353.jpg

どう見てもネタ顔ですね。


今日の実習では本来の目標こそ達成できなかったですが、他に学ぶべきことはたくさんありました。

先週北山に行ったときには意固地になって使わなかったソリッド系統に手を出して見たり、2人で同じルアーを違うタックルセッティングで使ってみたり、あと解散後に先生に聞いた余談等々...。

北山に行くと野池に行った時の何倍も得るものがあるように感じます。
特に実習の時だと目的意識がハッキリしているせいか、それに関連する色々なところに着目できます。
やはりそのへんを考えると先週の北山釣行はちょっと勿体なかったなぁとは思うんですが、あの時だらけたからこそ今日ハッキリとその違いを感じることができるんだと考えて良しとします。

例の如く、若干無理くりなポジティブシィンキングですねw

そんなわけで、またいろいろと釣りを楽しむ要素が増えたみゃおです。
この調子で明日、明後日の釣行も楽しんでこようと思います。
因みに飯塚の方の某野ダムに行ってきます。

それではまた後日~。


| 2008/04/25(Fri)21:27 | 釣り |
ネタ不足再来...。

さっき晩御飯を食べながらテレビを見てたんですが。


釣りビジョンならまだしも、クイズ番組に村田満氏が出演してるとは思わず吹きましたwww


鮎釣りの巨匠がヘキサゴンなんかでなにやってんすかw

因みに「魚釣りで釣り人同士の糸が絡まることを何と言いますか?」と言う問題に。
「これ間違えたら俺釣りやめるわぁー!!」といいながら解答されてましたw



さて、学校も始まって平日の慢性的ネタ不足が始まってる最近です。
クラスメイトの間では新しく入ってきた1年生がどんな感じなのかって話題が地味に多いです。
まぁ自分も結構気になってる人間なわけですが、金曜には早速実習なのでそん時にちょっと接せられたらいいかなぁーとか思ってます。


このままとりとめのない更新内容なのもどうかと思ったので、先日のちょっとした発見を。

080422_231913.jpg

コブレッティのリールシート部分ですね。

このコブレッティは例によってクラスメイトがへし折ったものを強奪して解体したものです。
コブレッティといえば、ベイト・スピニング共に細めのブランクが特徴の竿です。
当然この手の竿の場合、ブランクとリールシートの間に隙間ができるのでアーバーというものを立ててリールシートを装着するんですが、その例として上の写メです。
アーバーの立て方は2種類あって、1つが部分的にテープを重ね巻きして隙間を埋める方法。
そしてもう1つが、市販されてるコルクテープを使って隙間を埋める方法です。

前者と後者の違いですが、自分は前者の方法しかやったことが無いので詳しくは分からないです。
ただ推測するに、コルクの場合体積に対する重量が少なくて済むのと、表面に凸凹がある分接着がよりしっかりしたものになるのではないかと思われます。
ただコルクは意外と値が張る代物なので、コストパフォーマンスはテープよりかは劣るかと。

まぁその辺は軽さを追求するかコスト面を追求するかで選択すればいいんじゃないかと思います。
というわけで、先日の発見よりロッドのアーバーについてのプチ談義でした。

おそまつ。


| 2008/04/23(Wed)20:17 | ロッドネタ |
ご無沙汰 北山ダム

お晩ですー。

今日久しぶりに北山ダムに行ってきました。
天草に行って以来昨日まで釣りに行ってなかったのでいい加減行きたいなーと思ってたらですね。

Kから47を筆頭に計6本の40upの画像が送られてきてへこみましたw
しかも同行者の釣った56cmの写メもあったというね。

きっと釣りに行かずに怠けてたからそのしっぺ返しなんだろうと思いますw

まぁとにかくいい加減このままではいかんと言うことで、北山に行ってきたわけです。

北山は昨日あったチャプターのプレッシャーから開放されたのか結構アグレッシブなお魚君が多かったようです。
自分はジグヘッドとミノーをメインでぼちぼち釣ってました。
同船したしゅうへーもジグヘッドでぼこぼこ釣ってました。

で、2人で似たような釣りを1日してたわけなんですがね。


しゅうへーと自分とで倍くらい釣果に差があるんですよ


こういうのがあるから釣りは面白いなぁとは思うんですが、やはりここは原因を知っときたいもんです。

彼曰く、「それは竿の性能やろ。」とのこと。
ソリッドティップとチュブラーでのフッキングのオートマチック性の差を指摘されたんですが、単純に自分の力量が足りないようにも思えるのがどうにも悔しいです。


というわけで、新たに目標を設定するきっかけになった今回の釣行でした。
短いですが以上本日の北山釣行報告終りっ!

それではまた~。

| 2008/04/21(Mon)21:31 | 釣り |
シーバスロッド→なんちゃってエギング仕様化改造

いつの間にか日が暮れてて、今日も充実した無駄な1日だったなぁ~って感じの管理人です。

HTMLと格闘してると時間があっという間で困りますね。かといって夜やる時間もない。
まぁ全部が全部無駄ではないのでいつか役立つことを信じるとします。

さて、今日はロッド改造の紹介をば。

先日の天草釣行で切実に感じたのですが、エギングロッドが欲しいです。
しかし買うお金も無いのでシーバスロッドでやり過ごしてます。

まぁ普通に使えるんで買うのはも少し先でもいいなーて感じなんですが、いかんせんシーバスロッド故に当然不都合があるんですよねぇ...。


シャクるときにリアグリップで脇を強打するんですよ。


そんなわけで、短くしました。
080418_19070.jpg

上が改造前で、下が改造後です。

大体3~4cmくらい?
結構差がでるもんです。特にバランス面ではそれが顕著かと。

まぁその辺も含めて軽く説明。

まずどのくらい短くするかとを決めたら、その切り口の部分までグリップを引っぺがします。
カッターで切れ目を入れてからペンチで毟り取ると結構サクサクいけますよ。

080415_174957.jpg

引っぺがした図。


次に切る場所をテープでマスキングします。
マスキングしてから切ると、切断面がささくれたり割れたりすることが無くなります。

080415_175533.jpg

切り終わった図。

因みに切断するときは糸のこがベストです。


切断し終わったら、一旦リールをつけてみてバランスを確認します。
クリップエンドのグリップがなくなっただけでも持ち重りを感じるようなことが多々あるので、グリップエンドのバランス調整は侮れないですよ?
バランスを確認したら、必要な分だけバランサーを仕込んで、エンドキャップを着けたら終りです。
エンドキャップ接着には30分硬化の二液製エポキシ接着剤がオヌヌメ。

080418_19073.jpg

接着完了の図。

因みに作業所要時間40分。乾燥時間90分。


なんとなく物足りなかったので、ついででこんなのもつけてみました。

080418_190950.jpg

フックハンガーですね。

天草でエギをグリップに刺しまくってたせいかグリップ表面がガッサガサになってたんで、ついで装着。


というわけで、なんちゃってエギング仕様改造完了です。
これでレインスーツの脇が破れないかハラハラせずに済みますよ!

実際に脇をスルーできるかどうかは今度の壱岐島合宿で検証予定。
今から楽しみです。

| 2008/04/18(Fri)19:55 | ロッドネタ |
リサイクル

だんだんと作業熱が戻ってきました。みゃおです。

ただ問題は、作業熱が戻ってきてるのにフナベイトは相変わらず進んでないという状況でしょうかw
まぁフナベイトは使う状況が限られてるので暫く使えなくても特別困らないんですよねぇ。
それゆえどんどん先送りに。そしてそのうち熱が冷めるという。なんという負のループ。


因みに作業熱が戻ったのに何してやがったかといいますとですね。


こんなの作っちまいました。
080417_171207.jpg

コラ画像じゃないですよ?

ダートフォース+ボールペン=?

ですね。
こないだリアの笠針が抜けたんでつけ直そうとしたんですが、つい遊び心が先走りましたw


080417_171241.jpg

ちゃんとドッキングしてます。

080417_171309.jpg

もちろん書けます。

もっと言うと芯の交換も可能というね!



・・・・・・・



何やってんだかw

| 2008/04/17(Thu)17:27 | 小道具ネタ |
(´゚д゚`)



こないだ一緒に天草に釣りに行った日高さんがまさかの一面!

今の内にサイン貰っとくかどうか考え中ですw

| 2008/04/16(Wed)19:55 | 未分類 |
焼き餌木ってのもあるらしいですよ
080414_200555.jpg

釣研のエギ、ダートフォースですね。

実はこのダートフォース、通常のものと若干違う点が一点。
因みにその点が発覚しにくいようにわざとこういうアングルで撮りましたw

で、どこが違うかと言うとですね。

080414_200645.jpg

笠針が抜けてる。

ダメじゃねーか!!というツッコミ大歓迎でございます。
最近UNO@としゅうへーのボケが飛躍しすぎてて突っ込みに疲れてきてる自分です。

さて、その辺はどうでもいいんですが、肝心のエギの話です。
このダートフォース、先日の天草釣行で多用したにも関わらず生き残った猛者です。
(管理人は異様にルアーを失くします。特にエギを。)
しかし激務をこなして無傷な筈も無く、このようにリアの笠針が抜けてしまったというわけです。

そんなわけで今日笠針をつけ直そうと思い、ネットで色々とエギについて調べてたんですが。

予想以上に奥が深いですね。

特にエギの発祥関係の話はやはり興味深いものでした。
というのも、同期の畦地さんからよく
「エギの胴体は触っちゃダメ。」
てな話をその理由も併せて聞かせて貰ってたんですが、その理由を再認識できました。
あとエギの動きに関するイロハみたいなのを片っ端から開いてってかじってみました。

というわけで、いつかこのかじった知識に基づいてイチからエギを作ってみたいなぁーと考え中です。


まぁいつになるかはわかりませんがね。
なにせ、あれ以来フナベイトの作業も全然進んでないという現状ですからw
なんでこうも肝心なタイミングで工作熱が冷めるのか、自分で自分が分からんです。

これを期に、この気まぐれを克服しようとも思いましたがあっさり挫折。
やはり自分は根っからの駄人間なようですw

とりあえず、今はまだ一切の材料がないので手のつけようがないのは確か。
しかも今は金銭的余裕もないので先送りになるのは否めないですが、自分としては激しく興味のある分野なのでいつかかならず着手したいと思ってます。


そのまえに笠針の取り付けですけどねw

時間とお金が欲しい今日この頃です (´-ω-`)

| 2008/04/14(Mon)20:32 | 小道具ネタ |
天草釣行のいろいろ

080412_160429.jpg

楽しかったです、天草釣行。

というわけで、画像は同行したメンバーの一人のチュウトロこと、ダゴです。本名は大倉らしいです。
なんでこんな画像かと言うと、ほかにネタになりそうな画像が手元に残ってないからです。

自分の携帯の電池パックが膨張し始めてたので、天草に行く前に交換してもらいにドコモショップに行ったんですが交換してもらえず、結局電池切れを恐れて写メが撮れなかったというオチです。
まぁ画像は後々とっておきをうpするのでよしとしていただきたい。

まじで期待してくれていいと思います。


…釣ったのは自分じゃないんですけどねw
奴です。UNO@がやりやがりました。
もしかしたら来週、再来週あたりの釣りニュースの一面を飾るかもです。
そんなわけで、彼のブログのほうもチェックされると一足早く見れるかもです。

はい、余談はこれくらいに...。

今回の天草釣行。
日程は8日の昼に福岡を出発。夕方人吉に到着して現地の日高さんと合流。
その後天草へ釣りをしながら向かい、翌日の昼にキャンプ場にチェックイン。
その後は11日までキャンプ場を拠点に二組に別れて釣り巡り。
12日の朝一にキャンプ場を引き払って、また釣りをしながら人吉方面へ。
で、この日の最終のバスに乗って帰る予定だったのですが間に合わず、日高さん宅で一泊。
今朝人吉を発ち、今日の14時30分に帰宅しました。

因みに9日と10日の昼間で雨と強風でげんなりでしたが、その後は好天に恵まれました。

で、肝心の釣果ですが、実質4日間釣りをしてミズイカ2杯というなんとも情けない結果でしたw

080411_165833.jpg

しかもこのサイズという。


さて、こっからは今回の釣行で自分が思ったこと等色々ですので、まぁ見たいという物好きな方だけどうぞ。

1つ目
釣り具以外に必要なものが結構ある。

壱岐島合宿や今回の天草のような単日ではない釣行の時に、例えばキャンプ用品のようなものが必要になってくるのに、自分は殆どそういった装備を持っていないってことに気付きました。
テントや寝袋はあったらいいなぁーと思ってはいたのですが、まさか現場で紐と洗濯ばさみが欲しいと感じるとは思いもしませんでしたw
このあたりの装備はテント以外は結構簡単に揃うものなので、早めに揃えておきたいと考えてます。

2つ目
釣り具にも必要なものがまだまだある。

とりあえず、磯靴が要ります。
2日目の雨で自分の靴(スニーカー)がずぶ濡れになり、翌日までに乾かなかったのでその日はサンダルで釣りに行ったんですが、歩き難いことこの上なかったです。
で、後々冷静になって考えてみると、最初からブーツタイプの磯靴だったら濡れることもなかったなと。
あともいっこ急ぎで必要なのが、ヘッドライト。
あんだけ壱岐島で要るなぁと思ったのにも関わらず、まだ買ってなかった自分は馬鹿ですね。
ヘッドライトは釣りの時だけでなく、夕方以降の調理とか道具の手入れとかなにかと必要なので、次回の壱岐島合宿までには必ず買っておかねばと思ってます。

まぁ挙げようと思えば他にいくらでもでてきそうなんですが、飽くまで欲しいものではなく必要な物を見極めて、優先的に揃えていかなきゃなって感じです。

3つ目
リーダーの結び方を覚える。

いや、今までもリーダーは組んでましたよ?
ただ、その接続の仕方に問題があるなと。
今までもちょくちょくそう感じることがあったのですが、そろそろ見過ごせないなと。
因みに今までは学校の先生が考えた接続法でやってたんですが、どうにも欠点が発覚。
最初からFGノットを覚えれば良かったんですが、今やってる方法の方が断然簡単かつ所要時間が短かったのでそれに釣られてFGの練習をおざなりにしてました。
そのしっぺ返しか、FGだったら切れなかったのに...という風な切れ方で、エギやらルアーやらをかれこれ10個以上ロストしてしまいました。

というわけで、随分遅まきですがこれからFGノットを練習しようと思います。
いち早く習得して、壱岐島に間に合わせねば!

4つ目
技術の向上。

エギを思ったよりも動かせていないみたいです。
自分から確認できるような距離の時は問題なくダートするんですが、着水して暫くの間はおそらくまともなダートをしていないんじゃないかと。
着水後から完璧にダートさせるのが無理だとしても、ロスを少しでも減らせるようにしたいですね。
そのためにどういう竿の振り方がいいのかだったり、どういう腕の振り方がいいのかだったり、例えばよりリストを効かせたほうがいいのかだったりを、上手い人の動かし方をみて勉強する必要があるなと。
あと、ルアーの投げ方ですね。
これはバスでもいろいろ試行錯誤中なんですが、バスとソルトとでは投げ方が異なるのでそれぞれより良い投げ方を身に着けたいなと思ってます。
というわけで、今現在はこの2点の技術の上昇が4つ目の目標です。

その次はイカのアタリのとりかたかな?と考えてます...。


そんなわけで、大きくは4つ。
相も変わらず課題が増える一方の自分です。

ただ、そんな状況でも楽しいと思いながら釣りをしていられる自分がいるってのは良い傾向なのかな?
と思ったりしてます。
むしろ、自分のダメなところが浮き彫りになっていくのが楽しいのかも知れませんね。

なんとなく、狙った通りにルアーが入って、狙ったラインを引いてきたらバスが釣れたときの感覚に似てるような感じ、と言えば分かってもらえるでしょうか。

まぁ似てるようで違う気もしますが、不思議と楽しい最近です。

これぞ釣り道楽といった感じでしょうか。

とにかく、今後もこんな感じでやっていけたらいいな、な自分です。
さぁー明日も釣りいくべ!

| 2008/04/13(Sun)22:00 | 釣り |
れっつ釣り紀行

今日から熊本・天草に4日間ほど釣りに行ってきます!(`・ω・´)

というわけで、暫く更新が滞るかと思われますが悪しからず。
携帯から更新しようかとも思うんですが、画像を載せる手間とかいろいろ面倒なのでw
というわけで、帰ってきてからまとめて更新するのでまたその時まで!

いってきまぁーす!

| 2008/04/08(Tue)09:40 | 未分類 |
簡易リールメンテナンス
なにやらチュウトロから鍵付きコメで

「DAIWAのリールのメンテの仕方を教えれ」

とあったので、リクに応じようじゃぁあーりませんか。
といっても、自分はDAIWAは完全分解できても組み立てができないんですけどね。
SHIMANOは問題ないんですが、DAIWAは内部構造がちと特殊で玄人でないと難しいので。
というわけで、今回はDAIWA・SHIMANO関係なく出来る簡易メンテナンスをご紹介。

本日の生贄はDAIWAのカルディアKIX 3000番。
080407_125403.jpg

購入してから半年も経ってない新入り君です。
DAIWAということで、例によってメンテをまだしてなので丁度良かったかな?

さて、今回は簡易メンテナンスということで、2箇所だけのメンテナンスです。
ハンドルノブとラインローラーの2箇所。

淡水だとそうでもないですが、海水で使ってると一番潮噛みしやすいのがこの2箇所なので、釣行後にこの2箇所だけでもメンテしとくと寿命が大分変わってくると思います。
因みに所要時間が大体15分程度。進研ゼミ感覚ですね。


では内容に。
先にハンドルノブからいきましょう。
ハンドルノブの作業工程は。

ハンドルを外す→ハンドル内部・シャフト・ベアリングの清掃→注油→組み立て

という感じです。
で、最初のハンドルを外すときにネジがカバーで覆われていたりすることが多いので、そのカバーを外すところからですね。

080407_125434.jpg
クリップですね。
必須アイテムなので、万が一家にないって人はご近所のコンビニ、百均、雑貨店でお買い求めを。

で、こいつを。
080407_125455.jpg
うにょ~んと伸ばして。

080407_125527.jpg
くぃっと曲げます。
曲げるのは先端の2~3mm程度でおkです。

この先端を曲げたクリップをカバーに空いてる穴に差し込んで、先端を内側に引っ掛けてから引っぱると、あっさりカバーがとれます。
無事カバーがとれたら、中のネジを取るとハンドルノブが取り外せます。
同じようにしてコルクノブに交換出来るのは余談にもなりそうにない余談です。


080407_125849.jpg

分解した図。撮影しにくかったからハンドルを外してるだけで、別に外す必要は無いです。

分解すると機種によってはベアリングではなくて、プラスティック製のパーツが入ってることがあります。
080407_125944.jpg

こんなの。

こいつはベアリングの代用品なので、外径・内径の同じサイズのベアリングがあれば交換できます。
カルディアKIXの場合はプラパーツなので、注油はグリスでします。
これがベアリングなら注油はオイルになります。意外と間違え易いので要注意です。


因みにチュウトロは某リールのベアリングというベアリングにグリスを差してやがりましてました。
とてつもなく回転重かったですねぇ...。

まぁ奴のリールなんでどうでもいいんですがね。

で、注油が終わったら分解時と逆の手順で組み立てるだけです。
今回の記事用に撮影しながら作業した自分ですが、それでも10分かからないほどのお手軽作業です。


そんなわけで、早速ハンドルノブが片付いたのでラインローラーにいきましょう。
こちらもハンドルノブと作業工程は同じですね。
まずは分解。
080407_130616.jpg

こちらでもプラパーツがこんにちわ。

080407_131009.jpg

ラインローラー分解後の部品ですね。少なっ。
これまた機種によっては妙にパーツが多かったりするので、そういう時はパーツの並びを忘れないようにご注意。SHIMANOは多い傾向にあるようですので。

こちらでも同じく各パーツの接触部分にグリスを差して後は組み立て。
グリスは差し過ぎに注意。差し過ぎると逆に抵抗になって、回転の妨げになるので。
あと何度も言いますが、ここのパーツがベアリングの時はオイルです。
店頭で315円とかで売ってますので、買いに行くのが面倒だからと言ってグリスを差さないように。


はい...。

そんなこんなで色々と言ったり書いたりしてきましたが、作業自体は本当に15分くらいで終わります。
仮にベアリングの入ってるリールをメンテ無しで海水で使っててベアリングがいかれたら、自分で好感すれば500円前後で済みますが、メーカーにだすと結構かかったりするので、まぁ日頃からまめにメンテされるのがいいのではないかと。
ただ明らかに手に負えないレベルの異状なら、迷わずメーカーに出したほうがいいですけどね。
自分もステラとかは恐くて手を出せないクチですのでw

まぁとにかく簡易メンテはこんな感じになりますので、参考になれば幸いです。

そしてチュウトロ、テメーはいい加減人の話を聞け。
あんだけ言われたのになんでグリス差すんだバカヤロー。

はい、お粗末さまでした。

| 2008/04/07(Mon)17:45 | リールネタ |
鯉!鯉!!鯉!!!

おはようございますー。
朝もはよから馬鹿みたく更新してます。まぁ夜はバイトで更新出来ないんで今のうちにって感じです。

さて、昨日もバイトだったんですが、バイト先に行くのにちょっと那珂川に寄り道をしていきました。
最近ご無沙汰だったので様子を見てみたかったからなんですが、いやぁーなんとも。


桜が満開ですよ。


でもまぁ言いたいのはそゆことじゃなくてですねw

鯉の接岸が半端ねぇ(;´Д`)

ただのコンクリ護岸のとこには流石にいないのでぱっと見は判らないんですが、岸際に木があったりだとかショアラインが蛇行してて流れが緩やかになってるとことかはもうそれこそ「ゴミのようだ」ってくらいにいます。

正直きめぇw

すごいとこだと下がゴロタで浅くなってるからなのかコンクリ護岸でもお構い無しに接岸してたりしました。
それに気付かないんで自転車をかっ飛ばしてたりすると、その音に反応して鯉が暴れるもんだから自分もビックリしたのはココだけの話。

まぁとにかくそんなわけで、いよいよ本格的に春ですね。
順番的にバスはまだでしょうが、鯉が落ち着いて少しすればバスも本番なんじゃないかと。
因みに北山に関してでは鯉がへらに置き換えられますが、それでもバスのスポーンももう目前です。
今日、明日のバイトが終わったら早速釣りに繰り出そうと考えてるんで、次回更新にいい写真が載せられればイイナァ...と考えとります。

さぁとりあえずは目の前のバイトを片付けてきますねー。 ノシ

| 2008/04/05(Sat)07:56 | 未分類 |
釣り日和~。

良い天気ですね!

というわけで、釣りに行ってきました。まぁほんの2時間足らずでしたが。
何故2時間かと言うと、干してた布団を冷める前に取り込みたかったからです。えぇ。
まぁそれでも一応釣れたんで、短時間だったということも考えると結構満足だったり。

唯一ミスったぁ、と思ったのがですね。


写メが無い

釣った魚を撮影しようとしてポケットに手を突っ込んだら、そこにあったのはルアーを入れたボックス。
まぁ外で落として無くした、とかじゃなかったからまだマシですかねw
魚自体も例の如く35程度だったので、載せられなくても特別悔しくも無いかなぁ、と。

というか、今日の収穫は釣れた35の魚よりも、キャスティング技術の上昇かな、と思ってたりします。
といってもほんの僅か。極々僅かですが(大切なことなので2回言いました。
例えるなら...

Arc The Lad Ⅱのラスボスに1度の攻撃で与えれるダメージが100増えたような感じ。

果たして何人の共感を得られるのやらw
まぁ千里の道もなんとやらです。

そんなわけでここ最近、釣れない時間帯にちょくちょくキャスティングの練習をしてます。
具体的に、ルアーを回転させないで投げられるようにイメージしながら。
で、ルアーの種類によってリリースのタイミングが違ったりもするみたいで、色々とまた試行錯誤中。
因みに今日のメインはクランクでした。やっぱりリップのついてるルアーってのは難しいです。
それでも今日の釣行でとっかかりを見つけられた気がするので、そのとっかかりにしっかりと手をかけて、その先の高みに登っていきたいと思っちょります。

がんばれ自分ー!



コメント返信
あぜち:いいですとも!!

| 2008/04/03(Thu)17:40 | 釣り |
玄界島と書いて猫の島と読みます
ご無沙汰してます。みゃおです。
ここ数日ろくに更新してもいないのに、来てくださる人がいてくれるというのはなんとも感慨深いものがありますね。もう感涙でございます。

さて、ここ数日マジで更新してなくてスンマセン。
というのも、30日から今朝までずっとUNO@の家に入り浸ってました。
どうやら先日行った壱岐島釣行が不完全燃焼だったらしく、その鬱憤を晴らしたいからエギング行こうぜっ!って誘われ、じゃ明日(31日)行くかーってことでその日の夜からUNO@家にいったはいいんですがね。


いざ釣りに行ったのは4月1日という。

こうなるに至るまでの詳細は(至極どうでもいい理由なので)割愛しますが、4月1日に玄界島に行ってきました。
自分とUNO@としゅうへーの3人で。

因みに先に釣果の方を言いますと。



です。


とりあえず朝は8時50分の船で行ったんですけどね、帰りが12時の船だったという。
そんなわけで、実質2時間ちょいしか釣りをしてないです。
いや、やる気はバリバリだったんですけどね、ちょいとしたアクシデントがありまして...。

まぁUNO@の方のブログを見てらっしゃる方は既に御存知かと思われますが。

エギゾーストがぶち折れました。(UNO@の)

なにやら一級ポイントらしい場所があるとのことで、レベル4のテトラを越え辿り着き、さぁ釣るぞ!と各々が竿を振り出してから間もなく...。

パァン!!

そんなわけで、UNO@のエギゾーストが3ピース仕様になりましたとさ。

この日は全員1本ずつしか持ってきていなかったので、UNO@の竿が折れた時点で続行不可能となり、しかもそのタイミングで船が丁度よく来たもんだから、潔く帰ってきたというわけですw

 
釣れなかったのは確かにちょっと残念でしたが、自分としては新しく釣り場を知ることが出来たので無駄ではなかったと思います。
UNO@の泣きっ面に蜂はまぁドン☆マイとしか言いようが無いですが、まぁこれも良い経験になるんじゃないかと。
高弾性の竿のデリケートさを肌で感じることが出来るのは折った張本人だけですからね。
そんなわけで、ポジティブに考えればやはり何かしら学べることがあるもんだと一人再認識したみゃおです。

お粗末さまでしたー。

| 2008/04/02(Wed)18:53 | 釣り |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。