道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
200807« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200809
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
合宿です

こんにちあ。

みゃおですが、ひとつ言い忘れてました。



今日から山梨入りなので、次回更新まで間が空くと思われますが、悪しからず!!


いざ、日本一釣りがし難いであろう河口湖へ...。

スポンサーサイト
| 2008/08/30(Sat)12:24 | 未分類 |
テスト in 北山

20080829112913.jpg

あ、ピントが奥の方にあってるし。

とりあえずみゃおです。こんばんあ。
偏光かけたまま写メを撮ろうとすると画面がイマイチ見にくくてよく失敗します。


次から気をつけよぅ...。


さて、本日も北山の人だった自分としゅうへーです。
釣果の方は上々。
上の写メの500半ばを筆頭に500が普通に釣れました。

最近500の獲れる確率が高いんですが、その辺はきっと影響する要因があるからなんでしょうね。
1番分かり易いところでいくと、今月よく降るまとまった雨ですか。
お陰様で本日の北山ダムの水温は既に25度切ってました。

というか水温だけじゃなく気温も低くて、しゅうへーと2人寒い寒い言いながら釣りしてましたw
まだ一応8月ですよ?

長袖必須です。



ああ、それと。
本日初陣釣行だった新作のソリッドティップ、「ティーサー」君。

感想...。



こ ー れ ー で ー は ー いかんっ。 ( ゚`A´゚ )



そもそも今回作った竿はソリッドティップなのですが、前提として自分の中でソリッドティップという竿の概念が固まってなかったのが最大の原因か、なんともーな竿な感触でした。

最初にソリッドティップを作ると決めた時点で。

「ぶっちゃけソリッドティップっていってもよくわからん。」

という理由で、じゃぁとりあえず何もかも無難なセッティングで作ってみよう、なノリでした。
その結果、別の理由から若干こだわってみたグリップ周り以外は全て普通。
所謂ソリッド特有の一点に突出した性能な感じの竿ではなく、少しだけ送り感の良いバットパワフリャーな竿ーな感じになってしまっていたようです。
自分の理想とずれていたのと、ソリッドの利点が最大限に引き出せなかったという2点の反省を見出すことは出来たのですが、やはり最初の考え方が甘すぎたなぁっていうのが否めないです。


それでも、やはり実際に使っている間に他の方向性での可能性を感じたりもできたので、もう暫くこの竿と真剣に向き合ってみてその可能性をはっきり見出してやりたいと思います。
正直ラインを少し太くしたりするだけでも結構変わりそうなので、まずはその辺から。


これから本格的にテスト!!!



おまけ。

20080829101929.jpg

作った本人よりも先に使って先に釣る奴。
誰の竿だと思ってやがるコノヤロウw

| 2008/08/29(Fri)19:51 | 釣り |
ウルトラ上手って程じゃないけど出来ましたー。

20080827221200.jpg

3代目、誕生ー。

はい、こんばんあ。
なんちゃってロッドビルダー、兼、ブログ道楽。管理人なしがない釣り人、みゃおですぅ。


そんなこんなで先日お知らせした67Mソリッドティップの完成報告です。
自分が完全にブランク選び等、イチから製作した竿としては4代目なんですが、常に資金&資材不足な自分はクラッシュ&ビルドが基本スタンス。

作ったものから得られるだけ情報を得て、その後に使い道を見出せないと判断したモノに関して容赦なくスクラップ&スクラップ。
そんでもって残った材料を使い回しという、なんとも騙し騙しなビルダーでございます。

そんな理由から、以前までに作った3本のうち1本は既にスクラップされてるので、現在手元に残ってるのは今回の製作分を含めても3本なわけですね。
今の3本はこれからも活躍してくれるだろうと期待してるので、スクラップは免れそう。

ヨカッタネ!! (・∀・)


さて、そんな余談はさておき。


20080827221317.jpg

新作ちゃん。
なんとネーム入りです。

『Teaser(ティーサー)』なーんて名前をつけてみました。

意味は「おちょくる人。いじめる人。からかう人。」てな感じ。
最初考えてた「マタタビスティック・ソリッドティップ-猫じゃらし-」てなファンキーな名前から、「じゃらし」を採ってニュアンスの近い英語を探したらこんな言葉に行きつきました。

今じゃ結構気に入ってたりw


で、竿の詳細。

20080827221546.jpg

グリップデザインはこんな感じに。
リールシートはやっぱりIPSでした。

20080827221731.jpg

そんでもって所謂「ワン&ハーフ」デザイン。

この辺いろいろと考えるところがあって、最終的にこういうデザインに。
まぁグリップ周りデザインに関しては、最近よく自分がほざいてる「握り方と力の入れ易さ」を考えた上でのこのデザインですね。
欲を言えばリールシート自体がもっと細身なのが理想だったので、そういう意味ではVSSは良き物だったんですが、やはり対応パーツが無いことのめんどくささに打ち負けました。

Fuji工業様の仕事の速さに期待!


20080827221645.jpg

あと今回はソリッドティップということなので、トップガイドのスレッドはインジケーターカラーに。
こうしてみるとそれっぽいですねぇ...。


その他スレッドデザイン。

20080827221832.jpg

黒ベースに下側を金縁。
それに申し訳程度にメタルのブラウンのダブルスパイラルが3周。
よく見ないと分からない程度の小技が自分的には好みというどうでもいい理由からのデザイン。

20080827221810.jpg

バット部は少しクロスラップさせて、その前後をシルバーのスパイラル。
それとやっぱり申し訳程度のメタルブラウン。


ぱっと見地味だけれども、使ってりゃ愛着が追加されていい感じになるだろうと期待してる自分です。


さー、今週末に早速初陣なこの竿の今後に期待したいですね!

| 2008/08/27(Wed)23:36 | ロッドネタ |
いつぞやの6-4L

20080826221310.jpg

おばんです。

そういえば作ってた竿の完成報告がまだだったので一応。
こんな感じで全体的におとなしめの落ち着いた雰囲気になるような装飾にしてみました。

一部スポットでメタルの赤とメタルのブラウンのグラデーションが入ってて、あとはメッシュの部分に銘を入れる工程だけ銘入れのシール待ちな状態です。

そんな状態なので実用には問題なし。
既に投入してたりします。

確か最近のいつかの北山釣行の写メにこの竿が写ってるのがあったと思います。
まぁその辺はどうでも良かったり。

それにしてもEVAグリップの性能的な意味で侮れないなと感じた今回の製作。
これから先まだまだ各部位の奥深さを思い知ることになるだろうなぁと1人思う自分です。


がんばるぞーっと。



あ、明日も竿ネタの更新です。
今度は67Mのソリッドティップの完成報告。

そんではまた明日ー。


| 2008/08/26(Tue)23:13 | ロッドネタ |
カラーチャートが素晴らしいこのルアー。

あ、もしかしてネタが無い?
みゃおです。こんばんあ。

とりあえず今日は道具ネタですよっと。

20080819032744.jpg

けろー。

20080819032602.jpg

けろろー。


懐かし、バスディの 『との』 です。


こういう遊び心溢れつつ、それなりに実用性のあるルアーって稀有だなぁ、と1人しみじみ...。


まぁしみじみするのも程ほどが丁度良かったりもします。
世の中ムズカシイー。

| 2008/08/25(Mon)23:25 | 小道具ネタ |
そんなわけで今日も行ってきました

こんばんあ。

20080824184347.jpg

かっこわるっ!! ヽ(´A`)ノ

な同期、しゅうへーと本日も北山漬け。
管理人のみゃおです。

北山漬けとは言っても今日は12時くらいからだったんですが、19時過ぎまで釣りしてたアホ2人です。


さて、そんな今回の釣行での収穫は。

20080824132747.jpg

こんな具合です。
やべぇ、ガチでかっこ悪いwww

本人曰く。

「変顔のレパートリーに限界を感じたから小道具に工夫をしてみた」

らしいです。


まぁその辺のネタはともかく。
昨日に続いての北山ダム、前日に状況を把握していただけに、今回は今までの単日釣行とは若干毛色の異なる稀有な経験が出来たように思えます。
前日に傾向を見出せていた分、その状況で有力であろうパターンを追求して行くことが出来そうで出来ていなかった今までと変わって、連日で通うことでそのハードルが下がったような感じがします。
頭の中がある程度絞られている状態だったので、良い精神状態を長時間維持した釣りができましたし、その影響もあって普段では頭の回らないようなことに気を使う余裕もあり、全体的に質の高い釣りを展開することが出来たと思います。

あと意外に、単純に日没少し過ぎくらいまで釣りをするだけでも想定外な収穫があったりしましたし。


そんなわけで、2日間全体を通して見てもなかなかに良い内容の釣行ができたんじゃないかと自分でも思っている状況なわけなんですが。

大事なのはココからだろうなとも思います。

今回の釣行は自分でもなかなかに上出来な方だと思っているのは確かなんですが、本当に重要なのは今回の内容だけではなく、この収穫を今後最大限に活かすことだと思います。
今回は良かった!!では、自分が野池で今日は何匹釣れた!!とか言ってたガキの頃とそう違いません。
肝心なところはやはり、自分の行動から何を学んで、次にどう繋げるかだと思います。
それは釣り自体の技術や内容や試合の結果、全てにおいて共通だと。

ですので、今は若干の余韻に浸ったとしても、その余韻を完全に忘れる前に今日の収穫を反芻し、でき得る限りを自分のモノにできるように努力したいな、と思ってます。


きっと気を抜いたらその間に置いていかれるであろう自分は、人一倍頑張るしかないよっ。
精進!!

20080824184334.jpg

それにしても、北山でやる巻物は面白いですね。

| 2008/08/24(Sun)22:49 | 釣り |
とりあえず明日も行って来ます。

20080823090944.jpg

うぼぁー (;´Д`)

本日北山にどっぷりでした、みゃおです。こんばんあ。
ほぼ丸1日がっつり釣りをするのは久しぶりだったので、地味に堪えましたよ?


でもまぁそんな苦労の甲斐もあってか、前回よりかは幾分マシな内容の釣りを展開することが出来たよーな気がする、そんな釣行でした。


今回の釣行、今後突き詰めるべきであろう色々な事柄の入口を垣間見れたような感じです。
やっぱりまだまだ認識の甘いところがたくさんあるなぁ、と再度思わされたりだとか、今まであったものに対する違う角度からの見方に気がついたりだとか、まぁまさに色々。

その辺のクオリティーを少しずつでも上げられたなら、その結果としてまた見えてくる新たなものがあるだろうと思うので、焦る気持ちを抑えつつ地道に頑張っていきたいなーと思います。


とりあえずはジグの動かし方ひとつ、ワームのカラーひとつを侮らないことから。
そのための出資を惜しまないことからっ。


でも現実は厳しいw


| 2008/08/23(Sat)23:05 | 釣り |
TEMPT知ってる同世代はどれくらい居るんでしょうか...。

明日は再度玉砕しに北山へ。
みゃおです、こんばんあ。

ぶっちゃけ厳しい状況だと素直に思うんですが、今行かねばいつ行くのだというわけで、いっちょ頑張ってこようと思います。
とは言っても、しゅうへーの気分次第では無しになるかもしれないんですが。


さて、明日の北山とは一切関係なく本日は小ネタ更新。

20080819030929.jpg

いと懐かしき、TEMPTのクラスタですね。
現在でも販売されているのはマイクロとタイニーの方のクラスタのみで、オリジナルサイズのクラスタは今日日では結構稀な存在になりつつあるようですね。

自分がこれを発見したのも中古釣り具屋ですし、そもそも使用されずに中古に流れることの方がもっと稀だとは思うのですが、きっとこれも何かの縁でしょうw


とりあえず、自分好みな素材と形と色なワーム。
残数が極少なだけに重宝したい一品ですねぇ。


とは言っても遠賀とかで間違いなく投入される運命なのですがw


さ、明日の北山頑張るべ。

| 2008/08/22(Fri)19:03 | 小道具ネタ |
ウワサのアイツ

20080819031335.jpg

最近気になってたので買ってみました。


北山界隈でウワサの『ファンマンジグ』ですね。


実は先日の北山釣行の際にちょろっと投入してみたんですが、結構面白そうな感じがします。
前評判が非常に良いこのスモラバ、こいつ自体の理論やら使い方等を一応の範囲ながら念頭において使ってみたんですが、自分の思っていた以上に反応が良くて素直に驚きました。

先輩方々が唸るのも納得。

さて、そんなファンマンジグなんですが、まだまだ奥が深そうです。
というのも、事前の調べで分かっていた範囲でも使い方に3段階ほどあるようなんですが、自分としてはこのジグの持つポテンシャルってのはもっと他の可能性も秘めてるんじゃないかなぁと、おぼろげながらにも思うからです。

具体的にどの辺が?と詰められるとまだ答えきれないですが、なにかこう感覚的な部分に訴えかけてきてくれるような気がするジグに自分には思えますw
主観的だとも思いますが、ここは1つ騙されてみるのもアリかなとも思うので、これから北山に行く際にはちょくちょく投入して突き詰めていきたいと思ってます。


というかトレーラーの優劣がモロに出そうなジグ。
ワームが足りん!!!


| 2008/08/21(Thu)22:45 | 小道具ネタ |

20080820110933.jpg

北山ダムに行ってきました。
みゃおです、こんばんあ。

因みに今日はポイントのバイトも夕方から入ってたので、昼過ぎくらいまでの実質半日くらいの釣行だったんですが、とにかく久しく振りな北山ダムでしたー。


まぁバッチリ打ち砕かれてきましたけどね!!


一応釣れるには釣れたんですけどね、まさか二桁釣りきらないとは思いませんでした。
普段は釣れた本数を余り気にしない、1匹自体の価値に重きを置いてるつもりの自分ですが、今回ばっかりは流石に釣りきれない事自体に対するショックが大きかったです。 orz


とりあえず今日釣りした感じでの北山は、先日降った雨の流入水が湖水に乗っかった状態から馴染みだしたみたいな状態で、水が全体的に攪拌されているような印象でした。
この影響で、今月あたまにスピナベで獲れていた魚や、最近有効になり始めてた時間限定でトップで獲れていた魚のパターンが衰退・消滅。
必然的に狙いはディープというような感じでした。
人によってはこういう状況の回避策のようなものがあるんでしょうが、いかんせん自分にはその手の引き出しが皆無なので、手堅いディープで突き詰めるのが手一杯でした。


しかし、ですよ。


その堅実なディープですら外してしまったのが今回の釣行なわけです。

正直に言って、最近は遠賀やらバイトやらで北山から足が遠のいていた分、今日朝一の時点でライトリグの操作勘やらが忘却の彼方だったというのもなくもないです。
しかし仮に百歩譲ってそうだそしても余りに不甲斐無い内容だったと自分で思っています。

それほどに今回の自分の釣りは乱雑、且、雑念の多いものでした。


小さい...。


余りにも小さい...。


今回ほど自分の青さを思い知らされた日は無かったです。
極力表に出さないように、と思いつつも、やはり表に出てしまう辺りにまた憤りを感じ、ますます自分が憎らしく思えるという負の連鎖。

いかんですねぇ...。

とにかく今回の釣行では、技術的な面で得るものもありましたが、やはり自分という人間を再度見つめ直す必要があるなと自覚させられたというのが1番大きいです。
20歳を目前に控えた人間がそうそうころっと変わるもんでもないとも思いますが、ここは妥協してはいけないところなのは間違いないので、ひとつ踏ん張りたいと思います。



とりあえず、ポジティブで。


| 2008/08/20(Wed)23:16 | 釣り |
リールシートの話。

ほーくざーんダームにー いーきたーいなー。

みゃおです、こんばんあ。
先日2日間の雨の降水量が120mということで、今は今でまた面白い北山なんだろうなと思うと無性に行きたい気持ちが強まってならない自分です。

とはいっても、自分が北山で釣りが出来るか否かは殆どしゅうへーの一存で決まるので、彼の足が赴く時を地道に待つしかない自分の現状が情けないですw


夏休みが明けたら免許取得!


さて、そんな自分ですが、昨日の記事でも書いたように、今月は竿製作月刊と銘打って活動中です。

現在作ってる6-4Lのスピニングから始まって、6-7Mのソリッドティップ、6-0Mのベイト、7-3MLのベイトという感じで製作計画を立ててたりします。
まぁベイトの方は月末に作り始めるくらいのつもりなので、今月で作るのは実質2本ですが。

そんなベイト繋がりでひとつ。

20080818221539.jpg

リールシートですね。

上がECS。
下がACSという奴です。
下が例の新製品ですね。

因みにACSは『アキュラシー・キャスティング・シート』の略らしいです。
一方で、ECSは何故か『ブランクタッチ・シート』とキャスティングを端折ってるにしても完全にECSのEの字も見受けられないので、そこはかとなく疑問を抱く自分です。

まぁ割とどうでもいい。

はい、閑話休題。


何が言いたいのかと言うとですね、単純にこの二つを使って次のベイトを作りますよ、ということです。
なんのひねりもございません。えぇ。

とりあえず、ECSを60Mに、ACSを73MLの方に採用するつもりでいます。
ECSは元々あった型で、よく見る例としてはメジャクラのDAYSとかに採用されてるリールシートです。
メジャクラを始め割と使われてるあたり、結構万能なリールシートだなと自分は思うんですが、その一方で新作のACSの方は若干毛色が異なるみたいです。

ACSっていうのは特徴としてその極端なまでのオフセットな形状が挙げられるんですが、その形状も適当ではなくてちゃんと考えて作られているみたいです。
FujiのHPやカタログを見ると紹介されてるので分かるんですが、『セカンドトリガー』なるものが設けられてて、こいつのお陰で縦方向の動きに対してかなり有能なリールシートになってるみたいです。

セカンドトリガーは上の写メで写ってる2番目の抉れのことらしいんですが、3フィンガーで持つ場合、ここにかけた中指だけでリールシートを支えることができるくらいに、しっかりトリガーとして機能を果たしているのが分かります。
この結果、全体的に力の伝達の際のロスが減り、手首への負担も減少するんではなかろうか、というのが今のところの自分の見解です。
ジグ・テキサス系の『手首を使って竿を上下に運動させる釣り』に適してるリールシートとも言えます。
かといって通常の横方向での使用に不向きという感じのものでもないので、これから割りと広く普及していくんじゃないかとも思います。
まぁそのへん実際にどうなるかは分からないのであまり責任はもてませんがw

とにかく、その『縦方向の動き』に強いリールシート-ACS-なわけですが、今回コイツを73のMLアクションの竿に搭載してみようというのが自分のプラン。
ぶっちゃけると、ACSがジグ・テキに適しているのは自明の理なので、ジグ・テキ用竿の作成はパス。
同じACSを搭載するにしても、ちょっと感じの違う方向でやってみようと考えたので、MLというアクションをチョイスしました。


狙いは『じゃぁ縦のシェイク的運動に対する性能を検証しようぜ?』です。 


要するに、所謂ベイトネコ?って奴ですかね。
ライトテキサスとか、ネコリグとか、ノーシンカーでやるライトフリップ竿にしてみて、シェイクで使った時の使用感とかメリット・デメリットを浮き彫りにしようという目論みです。
当然ガイドセッティング等にも気は使いますが、やはり1番の目的はココなので、リールシートのポジションやグリップのデザイン等を今まで以上に追求して製作に臨みたいな、と考えとります。


正直なところ、実際に出来上がる竿がどういう風なものになるか自分でもイマイチ見当がつかないんですが、出来るだけ多くのリターンを得られるような竿が作れるように、今から試行錯誤です。



それにしても...。
机上の理論だけでもこれだけ展開できるんだから、やっぱり竿ってのはオモシロー。 (・∀・)





てか最近文章率高くね?




| 2008/08/18(Mon)23:14 | ロッドネタ |
今月は竿製作月刊。

全身でごーまいうぇい。

みゃおです、こんばんあ。

今日、久しぶりに完全1日フリーだったので釣りに行ってきました。
といっても夕方のほんの数時間ですが。
実質10日振りくらいのバス釣りだったんで、釣りが出来ること自体が妙に嬉しかったですよw
釣果自体はそこまで伸びなかったんですが、これまた暫くぶりに『なーなーな釣り』(何も考えないでなんとなーくする釣りの略な管理人の造語)が出来て、心身ともにさっぱりリフレッシュできた感じです。

明日からまた色々と頑張りたいですね。


ところで。
そもそも今日はしゅうへーに北山に行こうと言ってたんですが、奴の

「雨」

の一言で無しになり、その妥協としての夕方釣行でした。
うーむ。

まぁ実際に午前中はしっかり降ってたので、そゆ日もあるんもんだと割り切り。
そんなわけで、午前中は作業したり、部屋を片付けたり、他はPCにどっぷりしたりだったんですが。




竿作ってます。

今度はスピニングで。
ちょっと前から気になってるリールシートの考え方を実践してみたくて、丁度似たようなものとして手元にDAIKOのサイラスがあったので、それを手本に今現在鋭意製作中です。

因みに使用してるリールシート自体は、新作のVSSでなく現行のIPSです。
この辺もサイラスそのまんま。あとカリスマとかもIPSですね。

要は。

「最終的に手で握るときに、どういう力の加え方のし易いグリップ形状になるか」

が重要だと思っているんですが、その上でやはりグリップを装着するための土台となるリールシートの形状っていうのは良く吟味しなくちゃいけないなぁ、と思うわけです。
今回の竿では、所謂ライトアクションよりも若干硬めをイメージしているんですが、それに合わせた形状を考えた結果IPSじゃないかなと思ったので、そういうチョイスにしてみた次第です。
ミドスト専用とかで作るならVSSもありかなーなんて思ってますが、ぶっちゃけるとVSSにはまだ対応するグリップパーツが出てなくて、削りだすのがめんどくさいってのが1番の理由だったりもしますw

とにかく、今現在気になっている点について追求する為の製作なので、より一層気合いと愛を込めて製作を進めたいと思ってます。


それにしてもロッド作りってのは面白い...。

| 2008/08/17(Sun)22:07 | ロッドネタ |
帰還。

20080812052438.jpg

フェリー太古の船窓から。


ご無沙汰してます、みゃおです。
こんばんあぁー。

本日付で、本年度のお盆期間限定臨時船内係員のバイトが終了し、一応無事帰還した自分です。

バイト中釣りとは直接関係ないところで色々と学ぶところがあり、今年も良い経験をさせて貰ったなーと感じてます。
記事に起こそうかなーと思ったこともいくつかあったんですが、いかんせん今の頭が回って無い状態では書けそうにもないので、またいつか次の機会に、と思います。



とりあえず今は釣りに行きたい。

| 2008/08/16(Sat)22:55 | 未分類 |
れっつ 出稼ぎ

あい、こんばんあ。
みゃおですー。

本日23時からいよいよ、博多-福江間フェリーでの添乗員バイトが始まります。

そんなわけで、怒涛の連続更新も本日で打ち止め。
そして今日は特にネタ無しの更新停止報告のみという、やっぱり駄目駄目な自分です。

まぁとりあえずは当面のバイトを頑張るべし。

思い出した頃にまた来てもらえれば更新してるかも。
…多分。
 
それではまたー。

| 2008/08/09(Sat)19:43 | 未分類 |
ネタ無し 写メ無し ドラマ無し

てなわけでいきなりですが不発に終わりました、本日遠賀組の管理人です。



ぶっちゃけ釣れんす!



なにせ今日7時間程釣りした中で釣れたのはたった3本ですから。
しかも2人で。

だーめーだーめーです。

しゅうへーの野郎は単発とは言え45くらいのを水揚げしたんですが、その一方で自分は雑魚2匹。
終いには勇敢にもクランクに襲いかかって来たハスに会心の一撃を見舞われるという具合に、なんとも残念でしたな釣行でした。

得るものもあるにはあるんですが、今回の釣行での不甲斐無さが余りにでかくて正直うーん、と。
前回の釣行からちょくちょく弾薬やらを調達はしてたんですが、いかんせんまだまだな感じもしますし、当然道具以外の面でも問題が多すぎてやりたいことをやるにもイマイチやりきれてない気がします。

そんなわけで、相も変わらず課題が浮き彫りになるのはいいけれども、解消するどころか手に負えないくらいにまで来てるかもしれない自分です。


いい加減ステップアップ出来ないと、さっすがにやべぇなと焦り気味w


精進してぇ...。(;´Д`)

| 2008/08/08(Fri)22:16 | 釣り |
ガッツィ解体ショー

ベイトブレスのガッツィで遊んでみました。


20080730001649.jpg

内臓抉り出しの。

20080730002307.jpg

異物混入。

そいういえば、いつかのバス雑誌でも同じようなのが載ってたような気がすると今更気付いたり。


さて、明日は遠賀川ですよーっと。
| 2008/08/07(Thu)18:10 | 未分類 |
ぷち・おーるど

今年の蝉はなんだか寿命が短い気がします。
自分だけ?

みゃおです。

なんだかんだで蝉も暑さにやられてるんでしょうか。
ぶっちゃけアッツイですから。

冷房の設定温度も平気で24度とかに...。

20080805204915.jpg

 (=゚ω゚) ・・・

 
さて、どうでもいい話題は置いといて。
本日の小道具ネタはこちら。

20080806215801.jpg

1発でこのルアーの名前が出てくる人とはいい酒が飲めそうですね。
まだ未成年ですけれども。

こちらのルアーは自分の個人的な思い入れのあるルアー君達でして、長年BOXに住み着いてます。
嬉しいのやら悲しいのやらですが、中古屋で大体3・400円くらいで売ってたりする代物です。
なので物自体にプレミア的な価値は無いんですが、自分がバス釣りを始めた頃からの付き合いなルアーで、そんな理由からか特別爆発するルアーでも無いのに最大級の愛着を感じるルアーです。


皆さんにも同じようなルアーがあるんではなかろうかと思います。


こういうルアーっていうのは、それの存在自体に意味があるよーな気がする自分です。
なんかこう、御利益的なね。


因みにシリーズ中で1番気に入ってるカラー。

20080806215850.jpg

イカス☆(死語


こいつに限っては、周りから「これだから理系は」と言われる自分でも理屈抜き。
トーナメントとは無縁のほのぼのした釣りで投げたいルアーです。 (*´Д`)

| 2008/08/06(Wed)22:41 | 小道具ネタ |
パーツの話。

はい、こんばんあ。
まだまだ行きます、みゃおですよっと。


最近物色してるもの。

IMGP1138.jpg

リールじゃないですよ。
いや、リールも欲しいけれども。

sseatmaple.jpg

もいっちょ。


最近リールシートについて色々と資料を漁ってます。
というのも、リールシートって実は結構重要なんじゃね?と今更ながらに思い始めたからです。

よく聞く話として。

「針っていうのは魚を釣る上で最も魚に近い位置にある道具だから、実は釣り具の中で1番大事なのは針なんだ。」

的な話があると思うんですが、それを聞いてふと自分が思ったのが。

「じゃぁロッドの場合、ロッドの中でそれを扱う人間に1番近しいのはどのパーツよ?」

てな考えで、その答えは当然リールシートなわけです。
リールシートっていうものは、その形状で釣りの快適さを左右できる存在だと自分は思うのですが、いかんせんそこまで分かっていながらもリールシート自体の知識量が全然無いのが現状なんですね。

なのでとりあえず、イチからリールシートについて学ぼうと思って最近いろいろとロッドビルダー様のHPやらBlogやらを駆けずり回ってるわけなんですが。


VSSとACS


この2つを最近よく目にしますね。
これは最近Fujiから出た新しいリールシートの略称らしいんですが。

因みにこんなの。

リンク先はFujiのHP

VSS(バーサタイル・スピニング・シート)とACS(アキュラシー・キャスティング・シート)だそうです。

『ストレートなのにオフセット』とかいう売り文句がつくだけあって、ややこしい形してますね。
自分としてはその半面興味深くもあったりするんですが。

自分はまだまだリールシートに関して半端な知識しかないので、この説明を鵜呑みにするくらいしかできないのが現状ですが、これからゆっくりでも勉強して、最終的にこのリールシートの欠点を挙げられるくらいにまでなりたいなぁとか思ってます。
そのくらいのレベルまでなれれば、それぞれのリールシートの持つ特性を活かした竿作りが出来ると思うので、この辺は勉強しがいがあるんじゃないかと。

その勉強の第1歩としては、まず現物を実際に手にとって見てみることが1番だと思うので、とりあえずVSSあたりくらいを頭に積極的に採り込んでいきたいですね。


まぁお金があればのはなしですが...。


というか、お金に理由を託けて先延ばしにするようでは駄目なんでしょうかねえ?
うーむ...。

| 2008/08/05(Tue)22:40 | ロッドネタ |
狙ってやってるなら逆にすげー

うっしゃー。
久しぶりに連続更新が4日目に乗りました。
このまま行くぜぃ。

といっても、9日からは泊りがけのバイトが入ってるのでそこでストップするのは目に見えてるという。
しかしその辺の事情に関わらずモチベーションを保って更新すると決めたので、頑張るべし。

そんなみゃおです、おばんです。


それはともかく。

どうしたことでしょうか。
1時期アクセス数が奇跡的に3桁に乗ったにも関わらずそれ以降低下の一途を辿り、最近では10代後半行けばいい方だったこのブログにおいて、20代後半というアクセス数は随分久しぶりですね。
いちいち数字が小さいのが物悲しいですがそれは置いておいて。


こりゃー明日雪でも降るのかね?


とか思ってた自分の元に1通の葉書が。

20080804212434.jpg

ワールドグループの売り出しの葉書。
ポイントのバイトである自分の元にも送られてくるとはなかなかに言い表し難い心境になるのですが。

なによりも問題は。


「8月21日限定!!」


その日は丁度ウチも同じように、会員様限定特売セールの日なんですが?



偶然ですよね?

| 2008/08/04(Mon)21:53 | 未分類 |
最近、文章の割合が多いなと思ったり。



まさかの3日連続更新。
みゃおです。こばんあ。

ブログを始めた当初は1日に2回更新なんていう基地外なこともしてましたが、それも最早夢の跡。
まぁ今となってはどうでもいい、黒歴史です。


さて、本題の上の画像ですが。

ストレートフックにガードをつけてみました。
最初はFINAの針を探してたんですが、最寄の店に無かったのと、そのタイミングで丁度ストレートフックだけ格安で手に入ったので、じゃ作るかと言うことで作ってみました。

最近になって、またフックのことについてぼちぼち考えるようになってきて、その過程でやはりストレートフックの良さも見過ごせないなぁと思い立ち、忘れないうちに検証しようということでの今回の工作なのですが、ぶっちゃけ作ってから使う機会のイメージが湧かないことに気付いた自分です。

まぁその辺はどうとでもなるので、今はこの針の実用性を見直すことに集中しようと思います。


現在の自分の浅知恵の範囲内で判っているのは、ストレートフックのフッキングの効率は他の針に比べて随分良いということでしょうか。
形状的に見て、まず初期がかりは文句無しでしょうし、オフセットのようにクランクしている部分も無いのでパワーの伝達率の高さは勿論、針自体の強度も明らかに高いでしょうね。
そして、他の針に比べて形状的な強度が高い分、針の硬度を若干落とすことも出来るわけで、そうすることで今度はスプリングバックの機能も持たせることが可能になると。

そんなわけで、自分の目から見てもフッキングに関してはずば抜けて秀でてるのが判るこのストレートフックなのですが、肝心なのはその他の利点を見出せるか否かじゃないかと思うんですね。
なにせストレートフックっていうのは針先が一切隠れないフックですから、当然対ブッシュ能力等は低いでしょうし、ワームのホールド性に関しても、シャンク部分のバーブでしかホールドできない分オフセットにはかなり劣ると思われます。

この辺は、実際に使っているときにストレスを感じる出来事の原因となりうる部分ですから、この問題の解消は避けては通れないと思うわけです。

今回は、前者の問題である対ブッシュ性能を高める目的で簡易なブラシガードをつけてみましたが、このガードが実際にどの程度働いてくれるのかは使ってみないことには判らないので、要検証です。
後者の問題に関しては、今のところ有効な改善策が見当たりませんが、この辺りを解消できた暁にはストレートフックというものがタックルボックスに常備されることになるかも知れませんねw



そんな感じで、道具小ネタでの更新となった本日ですが、多分、恐らく、ほぼ間違いなく、これから釣行ネタの無い日はこういう感じの更新になると思われます。


べっ、別に先輩方々がそういう風な更新形態をとってるのを真似したわけじゃないんだからねっ!?


とまぁ、小ネタはどうでもいいですが、要するに釣行ネタが無いからといって安易に更新をサボっても、自分としても何も得るものがないなと考えたからです。
ネタが無いときに如何に自分の引き出しを活用できるかという課題を自身に課す意味でも、これからはこういう感じで行こうと考え中。


さて、何時までもつでしょうかねw



| 2008/08/03(Sun)23:21 | 未分類 |
ヒューマンチャプター 第4戦

はい。
というわけで、本日は肝心のヒューマンチャプター第4戦当日だったわけですが。





自分は不参戦です、ゴメンナサイ。




誰にゴメンナサイって、会長でもある学校の先生をはじめとする大会運営関係者の皆様にです。
出たいのは山々だったんですが、1円でも多く稼がなきゃーな状況なのでバイトの方にでてました。

しかしシーズンが始まった頃は最終戦をぶっちぎるとは夢にも思わなかったです...。
まぁ出れなかった分は言ってもしょうがないので割り切るとして。



CA340103.jpg

昨日のプラであんだけ手応えを得ておきながら、やっぱりコケてきたしゅうへー。

そんな彼と前プラにて行なった釣りについて少しばかり触れようかと思います。
といっても、相方の彼の了承はとっていないのでぼやかしながらの大まかな説明ですが...。


とりあえず、最近の北山は水位変化のグラフをみた限りでですが例年の放水状態に入ったようで、ある程度コンスタントに放水をする日が続いてます。
そうなってくるとやっぱり沖のディープフラットの回遊がパターンとして強まってくるわけなんですが、それに伴って釣り方としてはミドストだったり、ドラッキングだったり、シューティングだったりがストロング
になりますね。

そんな状況だろうと予想しながら臨んだ前プラだったんですが、狙い済ましたかのようも非放水日。
日中に若干の流れを感じたので後になって確認してみたら、確かに若干だけ放水してたみたいです。
ただ放水量があまりに少ないと、やはり流れが生まれず有効にはならないみたいです。
そんな状況なので、やっぱりディープの回遊もそこまで驚異的という印象がなかったです。
ただこれは、当日がもし放水してたなら解決されるからという理由で問題視する必要も感じず、むしろ当日に放水しなかった場合に有力なパターンがいるなと考えました。

そしたら。
ふとしたタイミングでしゅうへーが1発引き当てたみたいで、それを突き詰めてみると意外にも500前後がコンスタントに獲れました。
上の写真はそのうちのMAXの530g。


放水をしていない状況でもベイトを追っている魚はやはりいるらしくて、そのベイトにリンクさせた釣り方でこの日結構な数のキッカーを水揚げ。
キーはベイト。
それもただのベイトの群れでなくて、特徴のある群、という感じでした。


自分の中では、今までなかなかに攻略出来なかった種類の魚の攻略の糸口を、若干なりとも掴めた感じの釣り方を体験できた前プラとなったので、随分勉強になったなぁーと満足だったんですが。


そこまで掴んでおいて本戦に臨んだはずのしゅうへーは、当日の朝イチにヒュージに遭遇し、そいつに翻弄されてその後はgdgdだったらしいです。


やっぱり勝負事ってのはそうそう上手くいかないもんですねぇw
出てない奴が言うのもアレですが、この結果はこの結果で面白いと思ったり。
まぁ仮に自分が当事者だったら、もっと面白いだろうしもっと悔しいだろうなと思うと、やっぱり出れなかったことに対する後悔感が否めないのです。


とにかく、そんなこんなで前プラも含めて色々と収穫のあった第4戦。
参戦できなかったにも関わらず得られた収穫の大きさを実感すると共に、これをしっかり活かさなきゃなと思わされてる自分です。


精進ー。

| 2008/08/02(Sat)21:45 | 釣り |
学びの場、北山。



ほーくーざーんー。


どうも、コンバンア。
金欠といえばワタクシ、管理人のみゃおです。

本日はヒューマンチャプターの前プラ日ということなので、例によってしゅうへーの船に金魚の糞で同船して1日釣ってみました。

肝心の本戦が明日なので、今日の釣り通して見えたこととかはまだ書けませんが、直接チャプターに関係ないところでも意外と収穫のあった本日でした。

というのも、先日遠賀川に行って、その後しゅうへーは松原ダムに行ってきたらしいんですが、要するに肝心の船はまだ車の上だったということですね。
そんなわけでボートの進水から始まった今日1日だったんですが、ちと普段と嗜好を変えて北湖の陣ノ内スロープからの進水を試みてみました。
そしてその結果として得られたのが。


北山のスロープぱねぇ。


とりあえず、この一言に限りますね。
自分の予想の斜め上を行く難易度でした。
単純に傾斜がきついだとか、幅が狭いとかだと思ってたんですが、まさかあれ程までに悪路だとはw
そんなわけで、朝一から苦戦を強いられた今日でしたが、やはり色々と面白かったです。
個人的にやりたかったドラッキングとか、以前記事にしたオフセットフックの実験とかと、色々実践してみたかったことが出来て、それぞれに対する考えを深めることができたので勉強になりました。


あと。
今日の北山は3週間ぶりと久しぶりだったんですが、やはり北山ダムっていうフィールドは稀有だなぁとも思わされたのも今日の収穫です。
そのフィールド、フィールドにそれぞれの釣り方があるように、それぞれのフィールドでしか学べないことは多々あると思うのですが、こと北山に関しては、北山ダム自体が形として珍しいダムなだけに他ではなかなか出来ない貴重な経験を積ませてくれるなぁ、と思う自分です。
福岡チャプターだとか、北山チャプターだとか、JBプロ戦に出てらっしゃる先人方の大会報告とかを見てるだけでもそういう一面を垣間見れる辺り、北山ダムの奥深さを再度認識させられた今日でした。


遠賀川に行きたい病が未だに治まらない自分ですが、やはり北山も捨てがたいですねw


20080801102625.jpg

それにしても、斜め撮りってのはムズカシイなぁ...。 (´ー`)


| 2008/08/01(Fri)22:44 | 釣り |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。