道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
200905« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»200907
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
おちょくる銀幕遊び心

the 忙殺週間。

みゃおです。こんばんあ。

先の週末が明けてからというもの、掌を返したように仕事が忙しくなり、帰宅後は更新どころでは無くなってる自分です。
私用の電話も、帳簿作業の片手間にかける程。
因みに、給料日まであと30日もある昨日、本日と、連日の出費に悩まされるダブルパンチ。

突然の呑み会で5000円、二次会なんて酎ハイ一杯3000円と割り勘負け。
8000円なんて、半月分の生活費なんですが、これが社交費ってヤツですか、そうですか。 ヽ(`Д´)ノ


まぁそんな感じで色々ありまして、月曜投下予定だったこの記事を今更投下です。


20090623010831.jpg

今回の主役。
いつかちょろっと話にこぼした、Playful Spritのキャスティングモデル。


20090623010841.jpg

偶には竿の全貌を、ということで、ガイドセッティングがわかるようなアングルで一枚。

#1~#5と#6~#8でハッキリと意図するものが見えてくるセッティングかと思いますー。

20090623010850.jpg

写真奥、ピントの合ってる方のガイドが、キモ。
キモと言うほどでも無いようにも思いますが、ここが同サイズのLNSGの場合を考えると、やっぱりこうあるべきかなと。


因みに、この竿制作における理想像は、POP-Rスティック。

前作、スピニング版のPlayful Spritと同じく、このシリーズに共通する「変テーパー」と、それを助長する方向性のセッティングで、所謂アメリカ曲がりな竿を目指してみた感じです。


実は先日の釣行で、テストしてみたこの竿。
敢えてブレイドラインでいくつかのルアーをテストしてみましたが、やはりなるほど...という感じ。

次回はモノラインで再度テスト予定です。
理想は、サンラインかクレハのナイロン14lb。

今回の制作においては、竿の方向性に並立性がないので、例えばガイドセッティングだけではなく、関わるもの全てひっくるめた上での理想的なセッティングを模索することに力を入れてみようと思ってます。

そのための、敢えてのブレイドライン。
忙しいとは言え、面白いもんの面白さは不変ですね。


とにかく週末が楽しみ。 (・∀・)

みゃおでしたー。
スポンサーサイト
| 2009/06/25(Thu)23:56 | ロッドネタ |
某波堤巡り。視察編

雨天...。

みゃおです。こんにちあ。

晴釣雨読なんて上手いこと言える程釣りに行けてない自分ですが、最近になって漸く、少なくとも週末には釣りに行けるようにはなってきました。
ただ、雨天時の二輪車の怖さを知ってる身として、今日みたいな降り方の日はまず雨読。
大人しく、家の中で出来ることをやってます。

因みにその一環として、モデリングのリハビリ中なんですが、予想通りヘタってたので冷や汗かいてます、自分です。


さて、雨読ネタな本日とは違い、晴釣ネタだった昨日の話。

例によって、金曜夜の突撃、隣の晩御飯が尾を引き、7時起床だったんですが、とりあえず先日の某ダムへブラック君に会いに。

確認したかったことをある程度把握した時点で切り上げて、昼前くらいから身一つ新境地開拓の旅に出ました。


20090620211536.jpg

色々回った中で、有望そうだった某波堤。

防波堤ではなく、某波堤。
あ、いや嘘です。
スンマセン。 (・∀・)

20090620211602.jpg

墨跡。

20090620211553.jpg

墨跡その2。

20090620211545.jpg

!!!???

20090620211525.jpg

その他にも、近郊で一番の大場所も視察してきました。

フェリー発着所もあるので、地形的にも色々楽しめそうだと思ったりなんだり。

来週末には竿もって行ってみます。 (`・ω・´)
| 2009/06/21(Sun)12:01 | 釣り |
おちょくる底引き網

わさびドレッシングうまっ。

みゃおです。こんばんあ。

自炊ブームにおける、プチプームは最近知ったわさびドレッシングな自分です。

これはきっと、牛肉のタタキにかけたら旨い筈。


まぁ...牛肉なんて暫く買ってないですけれども。 (´・ω・`)


さて。

20090618211836.jpg

唐突に、本日の話題。

今回はフルソリッドを組んでみました。

名を『Teaser the Dragnet』

直訳するとタイトルになるわけですねぇ。


はい、というわけで、フルソリッドブランクでの制作な今回。
制作目的はフルソリッドのニュアンスを知ることと、削りだしの経験を積むことの二つ。


ソリッドティップと近しいイメージを持ちがちなフルソリッドの、フルソリッドが故の特性を活かした竿作りを目標に設定。

そのために在るべき要素をピックアップし、そこからイメージされるテーパーを再現してみよう、という課題ですね。


こうして文章にしてみると、案外あっさりしてる感じなんでイメージしにくいと思うんですが、まぁ確かに自分も、たかだか削りだしに丸々一晩かかるとは思いませんでしたっ。 ヽ(`Д´)ノ

因みにこれがこないだの土曜夜から日曜朝にかけての話です。

まさに削ってびっくりという感じで、削れば削った分だけ変わっていく性格と、その作業に伴い消費する莫大な時間に、心底びっくりした先日の自分ですw

ぶっちゃけて、あと2本、削りが憂鬱。
きっと次の買い手が現れるまでは、手付かずかと思われますブランクの先行きが、不安。


この竿の使用感に関しては、買い手のUNO@のレビューに期待するとして、自分は次作の作業に戻ります。

そんなこんなな、本日の竿制作ネタでした。

アデュー。 (・∀・)
| 2009/06/18(Thu)21:16 | ロッドネタ |
ふらり寝不足朝靄の旅

久々に完徹。

みゃおです。こんばんあ。

先日、頼んでた分のブランクが届いてたので、この週末を利用して時間のかかる作業を終わらせちまえと作業してたら、外がチュンチュン言ってました。

いやぁ、夏至目前、夜明けが早いですね。

因みに全3本中、終わったのは1本。
チーン。 (・∀・;)


まぁ気長に行きましょう。
で、今日の話ですが、折角なんでそのまま釣りに。
新たに未開の地へ赴いた本日。
思いの外遠く、ガス欠になりそうでハラハラしましたが。

20090614175251.jpg
20090614175314.jpg

到着。

なんだか、興味深い形をした山々です。
そのあたりから順当に考えながら、湖を観察してみると、やはりなるほどという感じ。

若干、北山臭がしますね。
具体的にどの辺が?と聞かれれば、成り立ち方かなと。
とりあえず、お手本的湖なんで、なかなかに勉強になったりなんだり。

そんなこの湖の住人に話しかけてみたところ。

20090614175322.jpg

こんにちあ。


20090614175331.jpg

この後、ミノー祭りに発展しました。



結局4時間くらいかけて湖を一周して、納竿。
ある程度湖全体の概要も掴めて、住人の性格的なのも若干垣間見れたので、初見としてはなかなかの中身だったんではなかろうかと思っとります、自分です。

新入りのストラト2世のニュアンスもわかりましたし、久々結構満足。

その所為か、ものっそい眠いっす。 (;´Д`)

このところ週末恒例になってしまってる突撃隣の晩御飯に備えて、とりあえず一息入れようと思いますー。
本日は豚の角煮!
あとゴーヤチャンプル。沖縄風味で行きますよっ。


そんなわけで、似非料理長、みゃおでした。

お粗末さまですー。
| 2009/06/14(Sun)17:49 | 釣り |
おちょくるランチア

20090609221619.jpg

判る人には判る元ネタ、がモットー。

みゃおです。こんばんあ。
この、ストラトスなんかは割と判りやすい方ではないかと。

因みに「狙い撃つぜぇ!!」の人ではなくて、ランチアの方の、ストラトス。

表記もちゃんと『Strato's』になってますよ。



はい。
というわけで、発狂ペースで制作が続いてるここ最近。

昨日の更新が終わってから作り始めて、今日仕事から帰ってきた頃には完成なくらいなんで、ちょっと行き過ぎ。

この発狂制作が一貫して基にしているのは、「とにか経験を積む」というテーマです。

今思うと学生時代、大した制作もしていない割にはそれなりに満足していた自分でした。

井の中の蛙どころか、ミジンコ以下ですね。

単純に、自分より竿の分野に長けている人なんてそれこそ数え切れないくらいいる中で、自己満足してる自分って何なんだと。
つい先日までテレスコすら作ったことがなかった自分は、きっとまだまだ低い次元にいるのだろうと思います。

そう思うと、頑張るしかないだろう、となるわけで、具体的に何するか?ってのを考えた時に浮かんだのはとりあえず作ること。
某バスプロが、「自分よりも上手い人達がいて、その人達よりも上手くなろうと思ったら、その人達よりも沢山釣りをしなきゃ駄目だ」と言っていたことと同じで、経験が足りない自分は、少なくとも同世代の人間の中では余裕で一番経験積んでるくらいにはなっとかなアカンな!という感じ。
そんなわけで、今は月給取りなわけですし、惜しみなく投資してやってる状態です。

早くも決まってる次回作は、ベイト版Playfull split、流行りのキャスティングロッド、こっち方面で使うジギングロッド、オールソリッド削りだしを3本の、計6本。

破産するまで作ります宣言。


あ、肝心のこの竿については、今週末あたり実釣を交えて改めて。
軽くさわり程度に説明すると、前作Strato's + カリスマスティックs-63 ÷ 2 てな感じ。
ソリッドティップはまだまだ未知数ですねぇ...。


それではまた。

みゃおでしたー。壁] Д´)ノ
| 2009/06/09(Tue)22:10 | ロッドネタ |
おちょくる擬音野郎

最近の趣向は、味噌汁。

みゃおです。こんばんあ。


あの、まさにさじ加減が全てというくらいのシビアさは、ソリッドのニュアンスのシビアさが可愛く思える程ですね。

今更ながら、オカンという存在は偉大。


閑話休題。
本日の主役のご紹介。

20090608230443.jpg

・・・なんかデシャビュ。 /( 。A。)ヽ

まぁどうしても、回転中に撮影となると、逆さになりますね。

そんな訳で現在乾燥中なこのコ。

20090608230550.jpg

『Flip Floper』

と、いいます。

名前の元ネタは秘密ですが、説明無しで元ネタが判る人がいれば、きっと自分といい酒が呑めると思います。

補足的な由来としては、「flip flop」という言葉が日本語でいう「ぎっこんばったん」にあたる言葉でして、所謂、「行ったり来たり」な様子を表す擬音。

コンピュータ用語としても使われるこの言葉ですが、フリッピングという釣りのイメージとして一番しっくりくる擬音だったということもあっての、この名前です。


順番が逆になりましたが、要するにフリッピングスティック。
7-5ftのレギュラーテーパー、Hマイナス。

個人的に、曲がらない竿ってのは嫌いなので、普通に曲がりシロのある堅い竿を作ってみました。
因みに今作では、特別ギミックは無し。
自分のイメージする「普通のフリッピングロッド」を具現化することを第一とした制作でした。

とりたてて特殊な点というと、精々テレスコピックになってることくらいでしょうか。

この点に関しては単なる思いつきでして、結果として以前の記事で書いたように、若干変なテレスコにはなっています。

ただ、どれだけ手が込んでいたとしても、だから何?( ゚Д゜) というもんでして、ぶっちゃけると作り手の自己満足出来るかどうかの話なので、詳しくは割愛。

聞きたいという物好きな方はどうぞ問い合わせを。



話はテレスコから戻りまして、さぁ出来ましたよ、なこのコですが、早速後輩に押し付けることにしました。 (・∀・)

いやぁ、作ってから気付いたんですが、この辺にフリッピングする場所ありませんでしたw

ということで、偶に遠賀川行きますという後輩に押し付け。
彼のレビューに期待しましょう。 ヽ(`Д´)ノ



・・・というか、誰か遠賀川まで連れてって?てのが、本音。

みゃおでした。
| 2009/06/08(Mon)23:01 | ロッドネタ |
パンチに欠ける週末

そこはかとない週末。

みゃおです。こんばんあ。

ここの所の梅雨空のように、イマイチぱっとしない週末な自分です。

釣りには行けども小バス。

竿も次のブランク待ち。しかもガイドが早くも欠品状態。

足踏みしてます。

なんで、こんなことして遊んだりしてみました。

20090607220202.jpg

総重量800g。

を。

20090607220154.jpg

リフティング。

20090607220040.jpg

こんな感じ。

今までやってそうでやってなかったので、なるほど実際にやってみるとなかなかどうして面白いもんが見えてくるなぁ、と一つ納得してる自分です。



あー、ぼちぼちクランクの方の作業環境も整えたいですー。
近所のホームセンター、バルサ材置いてないんですけどどうしましょ。 (;´Д`)



余談。

20090607215838.jpg

近場の漁港を視察に。
またちょくちょく行ってみます。
| 2009/06/07(Sun)21:55 | ロッドネタ |
おちょくるサポートメンバー

24時回って6日でございまする。

みゃおです。こんばんあ。

なーぜ、わざわざ日付が変わるのを待ったかというと、更新内容がそれっぽいからです。

何じゃそりゃ、という感じですが。


20090606004003.jpg



こういう感じです。

全長6-6ftの、その名も「the sixman」


バスケ経験者には馴染み深い言葉かと思いますが、そうでない人には縁皆無ではないかと思われます。

sixmanっていう言葉はその名の通り、「6番目の男」という意味で、フィールドプレイヤーが5人のバスケにおいては、よく補欠だのベンチウォーマーだのいう風に勘違いされる言葉。

ただその言葉の正しい意味としては、チームの性格を変えるための違う特技を持った、ぱっとみ目立たないけどもかかせないサブキャラ的ものです。

かの有名なスラムダンクで例えると、メガネくんが所謂ベンチウォーマーで、sixmanにあたるのはヤス。
豊玉戦ではそれが分かり易いかと。



えー、sixmanという言葉自体の説明が長くなりましたが、今回制作の竿の位置づけですね。


例えば早春、早秋のサイトエギング。
例えばフレッシュウォーターのジギングスプーン。
例えばインチク、タイラバ、ライトジギング。

その辺りの「しゃくる」ないしはそれに近いバーチカルアクションという一つのカテゴリにおける、「あったらいいな。」なもう一本。


高さの無い湾内の堤防でのサイトエギングなんかは特に、不必要なレングスは、人間側の動作と餌木に反映される動作の間にある所用動作時間に、つまりは餌木のレスポンスに影響します。

横着して長い竿のままのサイトの末涙を飲むなら、素直に必要な要素を持った竿を作りましょう。という感じなわけですねー。

で、どうせならそこに追随させられそうなスペックを追加してやろうと考えついて、結果として追加してきたのがジギングスプーンというわけですね。


ぶっちゃけるとその辺りの関連づけ以外、細かいさじ加減とかは案外アバウトに作った今作なんで、これから長いスパンで色々試しながら煮詰めていきたいなぁーと、考えてる自分です。


そんなこんなで、とりあえずいま必要なアクションは、実釣。


残念ながら明日はブラックくんなんで、また今度ですねw

まぁ、正確には今日。
またまた開拓の旅にいってきますー。


それでは、出発まで、寝ます。
みゃおでした。
| 2009/06/06(Sat)00:37 | ロッドネタ |
おちょくる迫撃君

あー、Amazonって素晴らしい。

みゃおです。こんばんあ。

今朝出勤前に時間が余ったので、Amazonでチェストを注文しました。
僅か10分足らずで家具が買えるなんて素晴らしいですね。

週末には室内環境が上昇しそうなマイルームです。

さて本題。

20090601223641.jpg

二代目。

なんだかんだでコーティング自体にも随分時間がかかってしまいましたが、一先ずコーティング完了。

この竿、写真で見るとダブルスレッドのように見えますが、実はそう見えるだけでホントはシングル。

20090601223659.jpg

角度を変えて見てみると、あれま。

20090601223650.jpg

G-Loomis

ぴんときた人も多いかと思いますが、要するに丁度ロッドの継ぎ目なわけですね。

大元のブランクはLoomisのGL3。
それを途中で切って、そこから弾性の違うブランクを継いで、テーパーを積極的に弄くってみました。

何というか、割と日本人受けする感じのテーパーと、振れ方、てな感じです。


順番が逆になりましたが、全長は7-4で、部分的に極端なガイドセッティングにすることでキャスト時の軌道の性格を癖づけやすいような竿のイメージで作ってあります。
具体的なイメージとしては、やはり初代のコンセプトで設けたもの打ち竿のイメージ。

橋脚の際だとかいう激ピンを鋭角的弾道で撃ち抜く、そのためのテーパーと、キャスト中のルアー移動速度の初速と終速を近づける為のメカニズム的工夫。

結果がジョイントブランクであり、#8ガイドのポジションであるという具合ですね。

コイツが実際にもの打ち竿としてどの程度の点数を稼げるかはまだ解んないですが、ただ今回に限っては他の工程で勉強できたことがわりかしあったので、そういう意味では既に価値があったと言えるんではないでしょうか。

しかしまた、実釣でこそ判ることが多いのも事実。
なんとかボートシーバスあたりの釣りに漕ぎつきたい自分です。




6月は祝日がねぇーんだよぉ!!! ヽ(`Д´)ノ


夏休みが待ち遠しい。

みゃおでしたー。
| 2009/06/01(Mon)22:21 | ロッドネタ |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。