道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
200912« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201002
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
しゅうへー現る

RIMG0038.jpg

ぶれぶれっ。

みゃおです。こんばんあ。

唐突に、しゅうへーが来訪してきました。
土曜の夕方まで出勤だった自分ですが、退社後に電話。


「今から行くけぇ! ヽ(`・ω・´)ノ」


いや、べつに良いけれども。
その後、途中まで迎えに出て、合流。
自宅に戻って、製作予定がたってる2本を主に、色々と自宅に置いてる竿についてなんだりかんだり。
やはり、どういう基準で評価・線引きをするかが判ってる人間を相手に意見を交換すると、色々と今まで気づかなかった目線に気づけたりするので、よい刺激になりました。


因みに、当初の予定ではそのまま日曜は何かしら釣り、だったんですが。


「ちょっと直接会って一言言ってやらんと気が済まんけぇ。(*`д´)」


ほったらかして来たらしい嫁の機嫌を損ねたようで、ちょくちょくメールでやりくりしてた討論が、発展。
夜中の3時半から急遽、ホーム北九へととんぼ返りして行きました。

RIMG20100131-1.jpg

議論の肴達。

果たしてこっからどう展開するか?
忙しさがひと段落したこの良きタイミングで、面白くなりそうです。 (・∀・)

スポンサーサイト
| 2010/01/31(Sun)22:11 | 未分類 |
おちょくる猛禽類

いそが死い。

みゃおです。こんばんあ。

正確に言えば、いつまでたっても終わりが来ない仕事に追われる、忙しさ。
いつまで経ってもゴールが見えないマラソンの前には、ランナーズハイもきのこダッシュ以下の扱いな最近です。


そんなこんなな自身近況はともかく。

RIMG0001.jpg

『Teaser 8823』

間が空きましたが、以前、「これから順次紹介します」記事内で、ちらっと登場したこのコが今回主役。
名前の読みは、「ハヤブサ」

元ネタは、最近再燃中のマイブームな彼等の作品から。
8ft8incの、継数2の、パワー3、ということで、8823。

パワー3と銘打ってますが、パワー表記が14まである某メーカー的な「3」ではなく...。

H(5)→MH(4)→M(3)→ML(2)→L(1)

と、ごくごく大雑把に分類したレベル中の、所謂パワーMクラス相当。
個人的に、710MLとでスタンダートタックルな位置づけなのが、この竿。


ブランク自体は今日日嫌われがちな、少し古風な、気持ち高弾性の混じった中弾性スローテーパー。
今回はわかりやすく、下二つにHVSG採用で、「流石に行き過ぎだろう...?」という胴の喋りを抑制。
飽くまで自分用のスタンダートモデルとして、及第点。

性質構成面以外でも、最近ちょくちょく意識して作ってるスレッドデザインの面で、得られるものがあったりしたので、なかなかに勉強になった1作です。
因みにその辺のデザイン構成が反映されてるのは、先の記事でのチロリ...、もとい、デロリアン。


そういったデザイン面も含めて、次回はもっとジャパニーズテイストな構成で作ってみたいですねぇ。
もっとこう、シックで高級感のある感じにね!


え?無理?



( ゚`A´゚ )



とりあえず、簡単になりましたが、今回の紹介はこんな感じ。

『Teaser 8823』

乙でしたー。

| 2010/01/25(Mon)22:52 | ロッドネタ |
おちょくるタイムマシン

20100118220115.jpg

でろーりあーん。

みゃおです。こんばんあ。

復活してここ最近、溜まってたロッドネタも少しずつ消化していっていますが、あまり連続してロッドネタというのも如何なものか?な感じがしたので、間なり、他のネタなりをはさみつつ更新している現状。


今でも十分にくどい気がしますが、そこはご愛嬌。


で。

『Teaser Delorean』

読み方は先の通り。
間違ってもお菓子なあれではございませぬ。(・∀・)

元ネタは、世界を代表する時間旅行者なアイツ。
奴の仕様が、実は無塗装ステンレスなことと、過去の様々を立ち返り見直す意味で、この名前。
我ながら、なかなかに、しっくりくるなと思ったりなんだり。 ( ノ*゚Д゚*)

ただまぁ、クライアントのUNO@が気に入るかどうかはまた別問題ですが、知らぬ存ぜぬ。


さて肝心の概要ですが。
元々のブランクの性質上、スパインの性格がマイルドな代物でして、それゆえにティップセクションにおける特有の癖の落ち着き加減が、全般的にアングラーをサポートするようなセッティングの竿です。

要は、ブランクに存分に物を言わすセッティング。

ブランク自体のt数は押さえ気味にも関らず、ヘタレ感を極力排除したブランクポテンシャルによって、キャスト時やフッキング時のリストへの負担はストレスレベル的にほぼフリー。

まぁまぁ良いんではなかろうか?

そんな感じ。


ただ一つ懸念してることがありまして-。

最近、バスロッドクラスでの重い・軽いの境界線が、随分曖昧になってきてまして。
もしかすると、世間一般的には凄い重いのか?
一抹の不安...。

( ゚`A´゚ )...。


ぼちぼち、色んな人が使う場合を想定した竿作りに、もっと真剣にならぬのかも知れませぬ。

難しいですねぇ...。

一先ず、テストに行きたい、けど行けない。
そんな最近通り越して、昨今。


一つずつ片付けていきたいですね。

みゃおでしたー。

| 2010/01/18(Mon)22:53 | ロッドネタ |
療養中...。

20100116170733.jpg

療養中。

みゃおです。こんばんあ。

土曜の夜から翌朝にかけて、唐突に、佐賀関の寒風で身を清めてきました。
要するに、修行に。

元々はメバル狙いで某蒼い人に引っ付いて行ったにも関らず、メバルのメの字もない惨況。
流されて、鯵にちょっかいを出してみましたが、高をくくってたツケの手痛いしっぺ返しをご教授。

寒さとともに、色々と身にしみる釣行でした。 ヽ( ;´Д`)ノ


そんな中。
ここのところやってる仕事の影響で、常に攣る一歩手前な状態が続いてた右手の療養の為に巻いてたテーピングが、思わぬ活躍を。


なんと。

手が冷えませぬ。

ただ飽くまで療養用の巻き方だった為に、竿の感触がにゃんにも判りませぬ。
が、貼り方次第では、厳冬期手袋しない党にとって、朗報となるんではなかろうかと思います。


因みにメカニズム的には、単純明快。

『血行促進』

人体って、乳酸菌を自力では分解できない不便な構造をしてます。
ここで言う筋肉疲労は、筋肉に溜まった乳酸菌を、血液に運ばせて体外に排出することで回復するのですが、どうしてもこの時期になると、特に末端は血管が萎縮して疲労がなかなか回復しないことが多いんですね。

なもんで、萎縮した血管を元通りにするテーピングをしてたら、その副産物的効果で、循環する血液によって末端の温度が下がらなくなったようです。


おおぅ、ぶらぼう。 (・∀・)


釣行反省以外にも、思わぬ収穫に出くわしたので、なんだかとても得した気分の自分です。
ついでにお陰様で、右手の状態もわずか1日ちょいでほぼ回復。

以前別の使い道で紹介しましたテーピングですが、なかなかに、良いものです。


巻き方とか、特別ムツカシイもんでもないので、興味ある方はご一報。
孤軍アウェー奮闘な自分は喜んで対応しますw


それではー。 (σ゚∀゚)σ


| 2010/01/17(Sun)21:01 | 小道具ネタ |
おちょくるハルハラ

201001132131451.jpg

いただきまんもすぅ~ぃ。

みゃおです。こんばんあ。

大本の元ネタは、大戦時代の某撃墜王だと以前紹介しましたが、他のところで関わりのあるあの元ネタを、後輩の見上げる彼はきっとわかるはず。


まぁ、どうでもいい話。


さて。

丁度1年位前になるんでしょうか。
前作のリッケンバッカーを作った時はジギングのジの字すら知らない状態で、妄想だらけのハリボテ構成でしたが、それから少ないなりにも実戦経験を積んで、そこで得たものを精一杯つぎ込んだ今作は、前作よりも申し訳程度にマシになってると思いたい自分です。


20100113213348.jpg

曲げ図。
丁度ベンドカーブトップの辺りが、初期パワーゾーン。


20100113213513.jpg

ほぼ曲がりシロの無い状態。
先の初期ベンド状態から、この状態にベンドが移行するまでの区間で、一定量曲がる為に必要な外力が5%増しという設定。
TOP→#1→#2の区間では、外力が1割増加するに比例して1割ベンドが進行しますが、#3→#4→#5区間には同じ1割ベンドを進行させるのに、1.5割外力が必要になってきます。

と、そういう話。

所謂、リフティングではなくホールドの状態でも竿がオートで魚を引き寄せる能力。
魚の連続した突っ込みの中で、不意のひときわ大きな突込みに走られる。
その突込みによってベンドが進行し、#3以降にさしかかるとじわっとトルクが増す、そんな仕組み。


201001132131451 (2)

そういった面から逆に構想を組み立て、ハンドルセクションはこういったギミックを盛り込んでみました。


201001132131451 (1)

段つき加工。

20100113213823.jpg

引き手の中指のホールド加工ですね。
そしてフードがダウンロックの、おそらくDAIWAの#4000、SIMANOの#6000クラスを装着で薬指にかかるであろうレイアウトで構築してみました。
実は一番力が加え易い指、である確立が系統的に高い薬指部分に、ある程度の太さと滑り難さを。
その薬指からの隣にくる中指を位置基準に、手の位置づけをするための中指ホールド段付け加工。

そして状況に応じて、リーリングハンドをロッドホールドに回せるよう、引き手の前に手一つ分のレングスのフォアグリップを。


こんな感じで、ブランクコンセプトと、それに追従して構築されたハンドルセクション。
イメージは、魚の動きを両手でしっかりと支えてる感じ。
支えてるうちに魚の走りを終息させ、リフティングなしでのリトリーブが可能な竿。

この文面を読んだ人が、その通りのイメージを視られたなら、きっとこの竿の製作と、このレビューは、大成功。
ただやっぱり、実績に支えられた性能ってのにも憧れたり、なんだり。


さて、読後感想、お待ちしておりまする。 (・∀・)

みゃおでしたー。

| 2010/01/14(Thu)22:50 | ロッドネタ |
「今はもう廃盤だけどな!! (#゚Д゚)」

よく聞く話。

みゃおです。こんばんあ。

例によって、熱が冷めないうちの更新、更新。
で、タイトルの話ですが。


例えば。

A「ちょー、最近バイブレーション開拓しちょるんじゃけど、なんかええのんねぇかぇ?」
B「ラトリンジェッターなんちどうね。もう廃盤なっちょるけどの。」
A「なしかぃ。そりゃ。」

大分某地方の方言なのは気にしない。

悲しいかな、すでに廃盤。
もしくは、復刻したけど旧モデルとは別物。
割とよく聞く話ですね。

そんな廃盤モデル、っぽいものを先日入手しました。


20100112230803.jpg

バンデット200?
旧モデルを今まで持ったことがなかったので、確信が無い故、ぽいもの。

確かに、下の現行モデルと、上の旧モデル。
見比べると、結構な違いが。
そりゃ当然動きも変わってくるわけで、釣果も違いますよね。

百聞は一見にしかず、とはこのことか。
いや、まだ実際に使っては無いので、一応まだか?


そんなこと思ったりなんだりな、本日の、久々の、小道具ネタ。


おそまつ。

| 2010/01/12(Tue)23:33 | 小道具ネタ |
おちょくるLv.0

20100111212804.jpg

新年第1号。

みゃおです。こんばんあ。

溜まりに溜まった製作報告ですが、せっかくなんで、今年最初に作った奴を持ってきてみました。
丁度、竿自体としてもそういう竿だったんで。

で。

『Teaser 0'Frame』

「ゼロフレーム」
と読むこの名前の、元ネタがわかる人は、自分と一緒にレベルアップしましょう。
えぇ、元ネタはそこからです。
例によって、判る人にだけ判る、元ネタ。

さて、気を取り直して、今回の製作コンセプトから。
まず今回、作業自体が過去製作したソリッドティップ、『Teaser 1号さん』のリメイクです。
前回では全長約6ft9incだったブランクをエンドから詰めて、6ft6incに。
前回であまりにも無頓着にしすぎた、ティップセクションのガイド構築を、もっとソリッドとして、より差し障りないイメージをもったセッティングに再構築。
その代わりという訳ではないですが、前作でなかなかにぶっ飛んでたバットセクションを、さらに突拍子ない感じにすることで遊んでみました。 (・∀・)

で、なんだかんだ口上たれてるガイドセッティングですが、こんな感じ。

20100111213237.jpg

#4ガイド上がソリッドセクション。
下から。


20100111213120のコピー

T-ATФ8.0。


20100111213534.jpg

そんでもってFuji新規格、T-KTSGをФ6.0 - Ф5.5×2。


20100111213600.jpg

トップはT-FSTФ5.5。
前回のインジケはオレンジでしたが、個人的にはもっと彩度の高い色が良いので、今回はピンク。
まぁここは趣向次第ですね。


今回、ティップセクションにKガイドを採用した理由として。

・LSG、LDBSGと比較しての重量と、その重量が持つさじ加減の把握。
各ガイドポジションの持つ重量というものは、言わずもがな非常に重要なものです。
竿に対してガイドが発揮する矯正力の一つとして、その重量というものは、重力というファクタが存在する以上、絶対的です。
例えば厚塗りする等、ラッピング・コーティングの工夫で若干の、プラス方向への矯正は可能ですが、逆にその工夫によって重力に逆らうことが可能になるか?と問われれば間違いなく答えは『No』なので、数字上いかに些細なものであっても、その絶対値を真摯に受け止めることが必要なわけです。

Kガイド、うちKTSGシリーズの自重の位置づけは、

LSG<KTSG<LDBSG

といった具合で、さて果たしてそのニュアンスの違いはどんなもんかな?というのが今回の明大目的。
そしてKガイド形状の副産物の露見。
賛否両論とも言いがたいほど、現在業界内で得られるKガイドの反響が少なく、こりゃ自分の目で確かめてみるしかなかろう、と煮え切った結果の自作錯誤。
正直、鬼が出るか蛇が出るか、な感じ。

実は先日、2時間ほどテストに赴いたのですが。


(゚∀。) ??


とことん向き合ってみないと、なんとも言えない心持。
よく言えば、製作側次第?
このガイドの、黄金則を見つけたもん勝ち?


難しいです。

ひとまず、Kについての云々は、また後日親睦が深まってからになりそうです。


ところ変わって。

20100111213638.jpg

ハンドルデザイン。

1号さんの時もそうでしたが、個人的な持ち方から、手の付け根と手首の境に来る部分が、細いほうがいい時と、その逆とがあるので、大体割りと両極端なデザインになります。
これまた趣向的問題ですので、ユーザー次第。

ただ今回は、前回と比較して大体45mmほどリアが詰まってます。
ので、体正面で構ると、大体中指まではかかるけど、引き手全体ではホールド出来ない。
そんな長さです。

世間一般的に言うなれば、不要なレングスを排除したことによる、取り回し、レスポンスの向上。
個人的目論見としては、キャスティング精度の向上、の為の、一工夫的動作を強制する為の、構成。

うん、意味がわからない。

現時点では、自分さえ判ってればいいので、文面での説明ではこれくらいで。(ノ´д`)ノ



さて。
色々と、うだうだと、書き連ねましたが。
やはり、前作、初代Teaserを製作した当時と比べると、みみっちいなりにも考えることは考えて作るようになったんだなぁと、しみじみ。
原点に立ち返ってみて、思ったことあったり、なんだり。
また0から「自分の竿はこういうもんだ」ってな土台なり、大枠なりを、築いていきたいですね。

そんな感じで、本年1作目。
『Teaser 0'Frame』
今度は現場での色々も併せて、云々語りたいですね。

みゃおでしたー。

| 2010/01/11(Mon)23:30 | ロッドネタ |
戦線復帰

ふろむ、大分ホーム、PC。

みゃおです。こんばんあ。

まぁ、こんな夜中通り越して明け方に更新するのも何かとは思いましたが...。


ひとまず。
大分での更新環境が整いました。

思い返せば多々あった諸問題も、今漸くオールグリーン。
PC本体のドライブ交換から始まり、そもそもディスプレイ等周辺機器もない状態から、OSの不適合、回線の反抗期、面倒なことこの上ありませんでしたが...。

とりあえず、うだうだ言う前に、更新頻度を取り戻したいなと思います。
せめて、週2くらいには。(・∀・)


20100109084111.jpg

今はぼかしですが、ゆくゆくは順に紹介していきたいですね。
とは言っても、言う程のシロモノでもないとも思ったりなんだり。


あ、そうそう。

皆様、初釣りにはもう行かれましたでしょーか?
自分は、2日、当て所もなく佐賀平野を彷徨い、予定通りタコでした。
そんでもって、いまだにブラック君にはまだ触っておりません。
10年度漁獲魚は、メバルとアラカブ。

予定通り、前途多難。( ゚`A´゚ )


そんなこんなな自分ですが、改めて、よろしくお願いしますー。


| 2010/01/10(Sun)05:37 | 未分類 |
はじまりはじまり

謹賀新年。

みゃおです。こんばんあ。

と、いうわけで、改めまして2010年ですね。
一部では『ニートの年』だなんて言われてますが、そんな怠惰感にも負けずに頑張りたい364日。


さて、話は変わって。

正月三が日と言えば、初売り。
釣具業界も例に漏れず、ロッド、リールの安売りは勿論、福袋なんてのも珍しくないですね。
皆さんは一体、どんな新戦力を迎えられたのでしょうか。
またそれらを引っさげて、これから向かうであろう初釣りに期待も大きいのではないかと思います。

因みに自分の話をしますと、予算の関係上、特に目立った買い物をすることもなく...。
近々必要になるであろう対メバル用弾薬として、ブルースコードの45mmを1つに、先日水没させたプライヤーの買い直しと、非情?にしたたかな清算。

本当を言うと、ダイワで4000番クラスのリールを買おうと思ってたんですが、選択肢的にカルディアkixカスタムに妥協するのはどうかな...、という感じだったので。

翌盆の売出しまでにお金を貯め直して、出直したいですね。

目指せ、セルテート・ハイパーカスタム 4000H-PE。


何はともあれ、こらから1年、皆々様の安全と、大漁をねがいまして。
あとついでに、今年で卒業の諸後輩の、躍進。


本年も宜しくお願いします。



余談。

F1130005.jpg

今、ポイント大野城店に行くと、トラさんが「安全・大漁祈願 トラの舞い」を踊ってくれます。


| 2010/01/01(Fri)20:24 | 未分類 |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。