道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201003« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201005
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
FUZZ、北へ。

送料(ガソリン代)無料でデリバリー。

みゃおです。こんばんあ。

先の日曜日の話ですが、予定通り、しゅうへーの隠居地・北九州へ、デリバリー。

20100426-(2).jpg

受け渡しの図。


( ゚`A´゚ )...。


はい。

そういうことで、どうぞ皆様、用心し過ぎて困ることなんて、そうそうございません。
実害を被る前に、予防の方向で。

というより、一般良識のない彼の方が特例だった、という言い方が、今回の事例を報告する上では非常に判りやすいのですが、たとえそういった目に会わなかったとしても、道具に一切のメリットのない環境で放置、なーんてことは、それなりに高い意識を持つイチ釣り人として、無くべくありたいものですね。

20100426-(3).jpg

いやしかし、不謹慎ながらも、対岸の火事というものは、度し難い。

さて、余談ですが。
当日、写真背景に映り込む「資さん」なる饂飩屋で、互いに蕎麦と牛飯をつつきつつ、竿も含めた近況是非について、のんべんだらり。
前にも書いたように思いますが、『物事に対してどういった線引きをするかを把握できてる人物』を相手に、イチお題について論議を交わすことは、新鮮さと別種の、視野開拓を促す類の刺激があります。

一人暮らしに移行して以来、こういった何の気なし会話からのコロンブスに出くわすことが、皆無になりつつある自分にとって、素直に有難いものです。

因みに今日も、本日休みだったしゅうへーに、竿の実際感について聞き出してみたところでして。
これより、次期作、というか、兄弟作?に、とりかかります。
FUZZで既にピンと来たかもしれない、この名の元ネタ。
次期作は『DISTORTION』

では、3作目は一体なんでしょうね?

正解者には、いずれかの占有権?


(´゚д゚`)


ひとまずは、お目見えまでお楽しみに。

みゃおでしたー。

スポンサーサイト
| 2010/04/27(Tue)22:32 | 未分類 |
おちょくる末っ子エフェクト

20100424-(4).jpg

末っ子。

みゃおです。こんばんあ。

『判る人には判る元ネタ』がモットーの自分ですが、今回も今回でニッチといえばニッチな元ネタ。
しかしながら、判る人には、判るのですよ。


さて。

本日は、釣りはなし。
半日所用、半日プライベートな仕事、で、一日消費でございます。

で、そのプライベートな案件。

『しゅうへー依頼の竿製作』

なんですが、何を隠そう、依頼があったのが今週に入ってからという、考え無し。
更に、もともとあった先約で、こっちの案件に取り掛かったのが木曜夜の話。
因みにお題は、「とりあえずソルトで、イカから何まで、一通り出来る8ftクラス。EVAで。」だそうで。
運良くというか、丁度そういった類のブランクをキープしてたことを、お見通しかのような注文。

だもんで、木曜夜に、そそくさとアウトラインの構成思案。
金曜夜に、ハンドル構築と、#1のガイド巻き。
本日朝から、仕上げと、名古屋の某工場の生産ラインばりに、走りっぱなしな案件でした。


諸事情がある、というのは、お互い様だと、ここでこっそりハッキリ明示。

まぁ、何とかなったからいいけどね。

20100424-(7).jpg

20100424-(8).jpg

TOP:T-MNST 5.0-1.6
#1~#5:T-KTSG 5.0
#6:T-KTSG 5.5
#7:T-KTSG 6.0
#8:T-KWSG 10.0
#9:T-KWSG 20.0

という、ガイド詳細。
どうしても、ローライドなセッティングにすると、必要的にガイド個数が増えますが、その数に対して誤差範囲で設定できる、(±)を、どう考慮するかが、Kガイドに関して最近の、面白いとこです。

そっち方向に傾倒するなら、むしろ前提からこう?
いやいや、それなら逆ベクトルで模索するべきでは?

的な、脳内バトル。

現状に不満があるとすれば、ある一つの方向性に対して、MNSTのスペックが追いついていないこと。
具体的には、LGSTのパイプ径に、もっとレパートリが欲しい、ということですね。

うん、なんにしても、楽しいですねぇ。

というわけで、大枠だけにになりましたが、新作の紹介でした。 (σ゚д゚)σ
もうしばらくしてコーティングが安定したら、奴の元までデリバリーなので、とりあえず今から仮眠。

起きれたら、早出して、若松港でテスト予定です。


( ゚`A´゚ )


お・き・れ・た・ら。


それでは、寝ます。

みゃおでしたー。

| 2010/04/24(Sat)22:31 | ロッドネタ |
スタンバイ・タイム・なう

計画倒れ。

みゃおです。こんばんあ。

叶わなかった、今月中旬に予定してたプチ遠征の代わりに、近日中に近海ジギングを目論んでましたが。
単純に、タイミングが合致せず見送り。

準備不足感も否めなかったので、潔く、身を引きましたー。 ヽ(;´Д`)ノ


で。

20100422-(1).jpg

余韻を味わう、内職中な只今。
絶賛、フック量産中。

シャウト!はそれなりに使ってきたので、ここいらで鞍替えしてみました。
個人的に、任意でシャープできないオーナーカットはあまり好きではなかったんですが、研ぎなおす前に交換することになるであろうジギングにおいては、素直にオーナカットの恩恵だけを預れそうです。

ついでに。

20100422-(3).jpg

個人的な愛機も紹介。

「スピア」という名前の、安ジグ(800円くらい)ですが、その形状と、カラーからのお気に入りです。
実績面でも、集団のなかではそれなりに鈍く光る、いぶし銀。 (・∀・)
ホログラムベースと、箔ベースでカラーレパートリが組んであったりと、極所極所で好感が持てます。

何より、安価だし。

ただ難点は、ネームバリュの無い安ジグなので、取扱店が意外と少ないことですが。
あとボディも、若干曲がりやすいので、弾数が必要。

ちょくちょく充填していきたいですねぇ...。

20100422-(5).jpg

その他、主力。


あー、ジギング行きたい...。 (*゚∀゚)=3

みゃおでしたー。

| 2010/04/22(Thu)23:34 | 小道具ネタ |
魚気<猫気

20100419-(15).jpg

哀愁の背中。

みゃおです。こんばんあ。

言わずもがな、三瀬入りしてました、自分です。


20100419-(12).jpg

みーちゃん「リハビリと称して、難易度EASYの北山へやってきたようですが...。
6時間程の実釣における釣果は、390g程度を筆頭に10本いかない程度。
前提、EASY MODE が許されるような立場ではないことの自覚から、やり直すべきかと。」

と、言わんばかりの冷酷視線が、堪えます。


20100419-(1).jpg

THE 冷酷目線。


20100419-(8).jpg

がっつりかかる、爪。


20100419-(3).jpg

久しく振りに会っても、変わらぬ冷たさと、その記憶力に感服。


とりあえず、反省としては。
半日真面目に釣りしただけで、翌日1日グロッキーという、釣り人的体力の低下をなんとかしたいです。
翌日日曜は、所用のあと行橋にて野池めぐりだったんですが、実に2時間半でダウン。
急遽予定を繰り上げて、17時に帰宅したと思ったら、パタリと倒れて起きたら翌朝7時て。

確かに最近、体力の衰えを感じますが、別に、変な疲れ方もする感が否めないので、気をつけねば。

以上、簡易反省。


いわゆる猫ブログ。
そこらへんに転がってるクオリティでお届けしましたー。

| 2010/04/19(Mon)23:10 | 釣り |
今週も行くリハビリ行脚 その3

20100416-(9).jpg

準備完了。

みゃおです。こんばんあ。

本日これより、たゆたうロックな三日月ナイト。
とりあえずは、福岡ぶった切って、佐賀入りしてみるつもりです。

なんのことはなく、先週は南だったので、今度は西へ、なノリ。

日曜夜、帰還予定。

某アーティスト風に言うと。

「闇があるんじゃない。光がそこに無いだけ。」

な、絶賛どん底からいざ、這い上がらん。

いってきます。

| 2010/04/16(Fri)22:56 | 未分類 |
風呂場の一画

20100413-(5).jpg

潮抜きの光景。

みゃおです。こんばんあ。

先の土曜、久々に、丸一日ソルトな日を過ごしたので、その後日ならではな光景が。
とは言っても、それも日曜の話ですが。

20100413-(11).jpg

20100413-(7).jpg

勿論、きゃっつらが居座っている間は、人間が本来の目的でこの空間に立ち入ること叶いません。


さて、今週に入って、少し余裕が出てきたかな?

とか、思ってた今日の退社間際に、「明日から再び地獄巡り」宣告を受けました。
あとは発送するだけな状態の、件の竿達を送る暇がなかなか作れず、埃を被り始めつつある状態を、なんとかしたい今日徒然です。

| 2010/04/13(Tue)21:59 | 未分類 |
物干し竿の話

State of the art.

みゃおです。こんばんあ。

昨日の釣行、反省会、いざ行かん。


20100411-(2).jpg

20100411-(10).jpg

20100411-(17).jpg

人知れず、こっそり追加してたコイツ。

約1年程前に、同じくDAIKOのPMRJ-湾岸103を購入して以来の、既製品の購入な自分の、大河川ないしは、比較的ライトなルアーカテゴリー用の磯平鱸が視野の竿。

ただ、そういった用途の竿でコルクってのが気に入らなかったので、改造済み。
フォア・リア前半はEVA。
リア後半は、シュリンクチューブのコルク。
リールシート位置も、フォアを15mm程短くして、その分底上げ。

そんな、自分にしては至極珍しい、10ftという長竿にて、昨日の釣行中に、地磯歩きを敢行。

そこにて感じたことを、書き連ねます本日。


其の①:10ftクラスの竿の扱い方の、難しさ。

 単純に、取り回しがどうとか、長物特有の負荷・重さがどうとかは大前提として。
竿のポテンシャルを引き出すという観点においての大前提である、「竿を曲げる」というアクションの難易度の高さが、自分の想像以上だったというのが一番の印象。

例として、一番顕著なのは、やはり飛距離。
周知の通り、ルアーというものは、竿の反発力により飛ぶものです。
勿論、反発力は、曲がったブランクが元に戻ろうとする力であり、その力を如何にロスすることなくルアーに伝えるかが、最終的に飛距離を決定付ける要因として、大きな影響を持ちます。

今回の自分の場合、まず一番に、使用する人間側の力不足が絶対的なマイナス要因として働いていることを痛切に感じました。
10ftクラスの竿の使用における、ブランクのレスポンスの把握も、それを踏まえたブランクの曲げ方・意識の仕方も、ロッドの振り方やスイングスピードも、それら諸々の状況別コントロールレベルも、ほぼ全てにおいて、竿のポテンシャルを引き出したキャスティングが出来ているとは到底言えない現状。

せいぜい、40m半ばが、関の山。


( ゚`A´゚ )


バイブレーションならば、70mくらいは、コンスタントに飛ばしたいものです。

一先ず、目下キャスティング。
順次、それらに追随する竿の取り扱いの熟練度の向上が、目標です。


其の②:10ftクラスの竿の扱う、利点。

 少なくとも。
「逆風化において、如何に魚の居るスポットへルアーを届けるか!?」
みたいな飛距離の話ではないことが、今回の地磯渡りでよーくわかりました。

そらぁ、市場でちらほら見かける「サラシモンスター」ズが、12とか13とか14とぶっ飛んだレングスで、且つ、あんな調子なのも納得のパンドラボックスでした。

普通の鱸竿や、長くて硬い、それっぽいイメージなショアジグロッドに、似てるようで全然似つかない、平鱸ロッドというカテゴリにおいて求められるものの必然性を、垣間見始められてるような気がします。

あとは、その裏付けとしての、実績を積み上げて、土台としたい。

そんな感じです。


自らが、論と証拠を掲げて、物を送り出せる。
そんな人物像を目指して、釣り人として、造り人として、頑張っていきたい。


イチ釣行の反省会にての、反省と、抱負でした。

おそまつさまですー。

| 2010/04/11(Sun)22:51 | ロッドネタ |
どうしたらいいんダ・ヴィンチ?

(´゚д゚`)

みゃおです。こんばんあ。

いつかの、今週から来週にかけての行動予定の予想。

「4月頭明けから、中旬にかけてはだいぶ楽かもなので、」
「4月中旬のタイミングを見計らって、対軟体生物で、プチ遠征を目論み中。」


( ゚`A´゚ )・・・。


天気予報といい勝負だっ!!

というわけで、そろそろ忙しさから脱却できるだろうと思ってたら、延滞料金のないモラトリアムに突入。
来週も、尾を引きそうです。

なんとか休日出勤は免れてるので、そんなこんなで今日もリハビリな自分です。


20100410-(80).jpg

で、行き先は、ちょいとばかし南方の某所。

早くも、夏色を彷彿させる、突き抜けるような空色ですねぇ。


20100410-(50).jpg

まぁ、タイミング次第ではこんな感じでしたが。

20100410-(27).jpg

重い曇天をバックに、威厳的な重みのある被写体をパシャリ。


20100410-(25).jpg

実は、結構離れてたり。



はい...。

本日も、先週に引き続き、ボ・ウ・ズ。 (*´ω`*)


死んだ方がいいくらいの重症。
来世に期待しましょう。
じゃぁ、現世はどうすんだい。


20100410-(71).jpg

帰りしなには、河川でアフターのシーバスなんぞ狙ってみましたが、これも不発。

色々と勉強になったことこそありましたが、結果としての手応えがないことの寂しさが、ビゲスト。
今からその辺りの反省会をして、明日はそのネタで更新しようかとは思いますが。

うぅー、リアルに結構堪えます?

来週の大潮な木曜に有給をとりたいですが、無いものねだりなんてせずに、地道にがんばりまする。


;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン


| 2010/04/10(Sat)23:33 | 釣り |
圧倒的に実釣不足?

デットライン徘徊中。

みゃおです。こんばんあ。

致命的です。


何が。


アングラーとしての現状が。


昨日土曜、日中はブラック、日没前からシーバスと、一日大分各所を駆けずり回った自分ですが。
見事に丸ボウズ。

目で見て取れるリザルトと言えば、割れて浸水が進行したショアラインシャイナーくらい。


これがスランプという奴で?

釣りに行く機会が減ってからというもの、明らかに感が鈍っていっているのは自覚してましたが、リハビリを意識し始めてからも一向に回復の目処が立たず、いい加減精神がどうにかなりそうな今日この頃。


なんとかしたいです。


さて、そんなこの頃なので、勿論フレッシュでトロピカルなネタもなんてものもなく...。

20100405-(2).jpg

今日も今日とて、小道具ネタ。

リーズナブルさが決め手で、ブラックのベイトリールには、もっぱらこれらを使ってる自分です。

んが、しかし。

このアイテムのセールスポイントでもある、ライン取り出し口を一切使用せず、中のスプール本体を取り出して、直で巻き取ってる自分です。

もし、あのライン取り出し口の素材が、Sicだったのなら、それは迷わずそのまま使いますが、どうにもあのソフビ的素材では、ラインのポテンシャルを損ねると思えて仕方ないです。

今日、丁度タイミングだったので、試しに

20100405-(7).jpg

20100405-(6).jpg

ゴールドサーメット VS PEライン みたいなことに。

某知人が。

「何故か最初の75mひと巻きだけ、偶に妙に弱かったりする。」

と言ってたことがあるんですが、その原因がこの辺りにあると思われます。

が、真偽は不明。

ただ、皆様には、手間でなければ、誰かにスプールを持ってもらう通常の巻き方をオススメしますー。
不安要素はないにこしたことはない、ということで、ひとつ。


以上、本日の、小道具ネタ。

こんな貧相な記事ですら、あと何回分ネタストックがあるかも判りません。

由々しい...。


| 2010/04/04(Sun)23:20 | 小道具ネタ |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。