道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201004« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201006
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
納期前夜なう

20100529-(8).jpg

Where is クマー。

みゃおです。こんばんあ。

これはやはりあれですか。
コンプリートできるまで買い続けろ、と、そういうことですか。
因みに某ブログで、「し」だけが入ってなかったらしく、「く」「ろ」「く」「ま」になってた方がいらしたようで。
自分の場合、熊に嫌われるようです。

良いのやら、悪いのやら。


さて。

20100529-(19).jpg

あぼーん、してます。 ( ゚`A´゚ )

明日のJB戦を前にメインタックルをデストロイした、とある後輩の為に作ってた竿だったんですが...。
そもそも昨日、削りだした(フルソリッド)時点で、ちょっと下手をうったところがあり、その結果ティップをポキリとやったという事実もあるのですが、気を取り直して、「要望とは微妙にずれてしまうから、せめて少しでもマシなギミックでも...。」と思い組み込んでた工作が、交錯してます。


いやしかし、こんな部位からあぼーんしようとは思わなんだ...。


20100529-(15).jpg

一旦解体して、折れた部位を観察してみましたが、明らかな「座屈」による折れ。
要するに、単純明快に強度設計ミス、というわけで、今回の竿の場合では、全体のバランスの不均衡が主たる問題点のようですね。

因みに。

zakutuuuuuuuuu.jpg

「座屈」がよく判らない人は、wikiあたりを参考に。 (・∀・)


そんでもって、先の結果を踏まえた、リテイクでは。

20100529-(17).jpg

「座屈」は解消されましたが、それでもまだまだ強度不足のようです。
ただこちらの立て割れに関しては、若干手のうち様があるので、次なる手は見えた、という感じ?


元をたどって、今回盛り込もうとしてたギミック自体に関しては、個人的にもの凄く面白いものがあったので、それこそ、そんな感じでテンションがあがりつつある最中のあぼーんってのには、我ながらあきれております。

そもそも、明日が納期ではなかったか?

クライアントには、別の既製品を提供するかもと事前通知済み、という逃げ道に走る自分です。

恐らく、手土産なしでの、三瀬入り、なう。
競技時間中は邪魔にならないように、アザミーで大人しくしてようと思います。 ヽ(`・ω・´)ノ
一先ずは、先週のおさらいから?

それでは、また明日夜の更新を目標に。

みゃおでしたー。

スポンサーサイト
| 2010/05/29(Sat)22:55 | ロッドネタ |
豪浜力?

20100525-(6).jpg

オーストラリアン・ビーチ・パワー。

みゃおです。こんばんあ。

先日気が付いたんですが、浜豪力シリーズに、新顔が。
そんなわけなので、先日の北山くらいから使ってみてる今日この頃。
感触的には、ドリフトに近しい感じですが、よい意味でも悪い意味でも、ドリフト程ではない、というのが一番しっくりくる表現ではないかと。

ラインの質量感や、中伸びの加減、軟らかさ、それらバランスを考慮すると、個人的に凄くストライク☆
一番細い太さでも4lbってのが玉に瑕ですが、まぁこれはこれで、という具合。 ヽ(´A`)ノ

しばらく使い込んでみようかな、そんな感じです。


さて、ここ2・3日は。

20100525-(15).jpg

久しぶりに帰省してきた我が子を、愛でてます。
具体的には、ガイド再構築中。

また一歩、ディストーションのコーティングに遅れがでていますが、どうなることやらw

本日は簡易更新なので、このくらいで。 (・∀・)

みゃおでしたー。

| 2010/05/25(Tue)23:55 | 小道具ネタ |
梅雨の候

20100523-(8).jpg

例によって乾燥中。

みゃおです。こんばんあ。

や、雨ですね。 (´ー`)y-~~
走りとは言え、がっつり梅雨らしい、見事な降りっぷり。

流石に今日は大人しく、他のことに時間を割きました。


が。


夕方帰宅してから、手持ち無沙汰になり、結局フィールドへ。
アングラーとしては、非常によい傾向? (´・∀・`)

♪ 雨ーが 邪魔ーしたって ひるーまないぜっ 吹きー飛ばしってみっせるっ!!

的な、このモチーベーションは、貴重。


というわけで、雨も若干落ち着いた日没前2時間。

20100523-(25).jpg

とりあえずの釣果と。


20100523-(23).jpg

研究課題への取り組みの実行へ。


釣果追求の釣りの展開は、今日の低気圧がプラスに作用する魚を選んで釣れるフィールドの絞込みが前提にあって、その上での、物絡みの小場所をベビーワンマイナスで流していくという感じ。

研究課題に関しては、現時点で、所謂「データ取り」な段階で、実績から導き出せるものをアテにしたい面が否めず、とりあえずはそこまで地道に積み上げていきたいところです。
で、そこまでたどり着けたら、今度はそれに追随するもの造りに移行したいなと考えてます。

一先ずは、山立ての感と、それに対する自分の釣りの精度が、ある程度戻ってきてる実感がありつつ、ただ今日途中でやらかした、ワンマイナスのデストロイのような凡ミスは無くしたい、というのが、今日の釣りの総括。


これから片づけをしながら、色々と、妄想の旅にでようと思います。 ≡≡≡⌒っ゚Д゚)っ

片付けなきゃな作業も溜まっているので、そこそこ忙しそうですが、ぼちぼち、頑張っていきますー。

みゃおでしたー。

| 2010/05/23(Sun)22:56 | 釣り |
事後狩る梅雨エントランス

本日出勤につき、ノット、リハビリ。

みゃおです。こんばんあ。

しかしながら昨日は。

20100522-(4).jpg

一日、三瀬の人に。 (=゚ω゚)

タイミングがタイミングと言うことで、案の定、篭り中のあの人や、千葉出戻りなアイツとも、ランデブー。


20100522-(55).jpg

とは言え、当日のレア度No1は、北山丸でした。
ぼちぼち、水難事故が増えるタイミングでもありますね。

皆様、くれぐれも、お気をつけて。

ライジャケなんて、ただの命綱です。
別に、綱無しタイトロープダンシングがご希望の人には、無理強いしませんけれども。


さて。

20100522-(6).jpg

予定通り、当日は冴えない彼のバックシートだった自分です。
自分の心当たりで「ピクシーを持っている後輩」をたどった先が彼だったわけですが、惜しくも右巻き。
当日のテストは、ほとんど彼の使用ありきになってしまいました。

製作時、思いっきりグリッピングレフト仕様で作ったことが、裏目にでた感バリバリ。
んがしかし、牡丹餅入りの戸棚なんて案外どこにでもあるものらしく、自分の予想の少し斜め上をいく展開もありつつ、これだから判らんよのぅと、一人ゴチったりなんだり。

定まりかけてた今後の方向性が再度放浪の旅に出ましたが、それはそれである種の前進。


20100522-(36).jpg

気長に探求していこうと思います。


自分の話はと言うと。

20100522-(50).jpg

例え現役とは言えど、後輩に簡単に負けられるタマでもなく。
しかし、ブッチギリのウェイトなんてものも出せる筈もないので、頭っからアフター狩りに走りました。

結果、午前中にぽつぽつ釣れた魚から判断した現状に釣りを合わせ、最終的に数で頭一つ抜きん出ることができ、なんとか面子を保つことに成功しました。

個人的に好きな、ライトフットボールやライトテキサスでバンク付近のフラットを流しながら釣っていくアフター狩りにはちと早かったようで、それならばと、ワームの種類と動かし方を調整した結果の釣果。

自分のちょいハマリを察した彼も、素早くパターントレースに移ったようですが、噛合い方違い。
今更言わせて貰うなら、トレースのクオリティがそのレベルなら、午前中の釣り方を、もっと的確なスポットへ向けたほうがスコアは伸びたんじゃないかな?という感じ。

そんなことを内心思いつつ、結構満足な一日でした。 (・∀・)


20100522-(63).jpg

当日の立役者?

ミドストの水押し感ではなく、2.5gジグヘッドでもそれなりにブレーキが効き、かつローボリューム、な、ライブインパクト4incの、色は無論、グリーンパンプキン。
時期的に『匂い付きのグリパン』が、個人的な鉄板です。 ( ゚`A´゚ )
もう少し季節が進むと、汁軍団ワンウェイになるのが味気ないという本音もありますが、それは余談。

単発乱獲ではなく、ある程度の再現性を発掘できたことは、リハビリ中の身にこの上ない良薬でした。
できればソルト方面も、時間はかかれど、こういったリハビリで立ち直りたいなと思ってる自分です。

明日は雨予報ですが、はたしてどうしたものか?

とりあえずはこの感触を忘れずに頑張りたい。

みゃおでしたー。

| 2010/05/22(Sat)20:47 | 釣り |
おちょくるドッペルゲンガー

瓜二つ。

みゃおです。こんばんあ。

先週末と、本日の主役。

20100519.jpg

今流行の、あのカテゴリを意識しての作製になりました、こやつ。

『Teaser spiano』(スピアーノ)

言葉としての大本の意味は、「広々とした」とかそういったニュアンス。
して、自分の狙いうる元ネタは、がわたんOEMなアイツ。

あ、そういえば、「がわたん」ってのは福岡久留米の方言らしいですね。
先日まで知らずに、平然と使ってました。 (・∀・)

因みに。

「アレ?なんか似たような名前の竿どっかで見たような気が...。」

えぇ、「e」を足したら、あんな名前になりますね。

( ゚`A´゚ )

気づいたのは名前入れた後だったんで、そこは大目に見ていただきたい。


さて。

20100519-(3).jpg

↑Ф7


20100519-(11).jpg

↑Ф4.0

下から。

UNSG 7J
LSG 6J
LSG 5.5J
LSG 5J
KTSG 4.5J
KTSG 4J ×5
LGST 4.0-1.0

という具合のならびになってます。
所謂、マイクロガイドというには全体的に径が大きめのセッティングとなってます。
というのも、自分がこの竿を作るうえで意識した要素の順位的に、マイクロガイドシステムという要素が2番目にきてたので、出来上がりの形として、ガイドだけ見るとこういったなんとも中途半端な感じに。

では一番ウェイトを占めてる要素。
ひいてはこの竿のコンセプトはなんぞやという話ですが。

自分が行う釣りのひとつとして「5~9gクラスのテキサス、ないしはラバージグでのフラットウォーターフィッシング」があり、従来のタックルは、6ft後半Hマイナスクラスのカーボンロッド+フロロ8lb。

しかしながら、どうにも釣りこぼしというか、スポットに現状ストックされてる魚に、合わせ切れていない類の、一種の気持ち悪さというのが、手ごたえのある時ほど感じられていた不満がありました。
ルアーの動きのスピードや軌道であったり、または魚を掛けてからの暴れられ方であったり、いまいちハッキリはしないのですが、何かしらのマイナスファクタがあるであろうと推測するに足る、その釣りの爆発力に欠ける感じ。

「釣れてはいるのだけれど、もっと釣れていんじゃない?」

と、そんな心境を薄ら抱かされる、言うなればこれが、タックルが状況と噛合っていないということだったんではないかと、今考え直して思います。

なにせ、同じフィールドで、同じような釣りをしてる人がいて、何故かスコアに倍以上の差ができるもんですから、そう考えざるを得ないのも当然なんですが、要するに、そんな紆余曲折を経て今日、もっと狙いに対してシンクロさせられんものかと、下手なりに考えてたどり着いてる現状が、この竿。


要は、先述のようなフラットフィッシングにおける漁獲力の上限をもっと高く!が至上目的の竿を目指したわけで、その目的達成の手段として、自分なりに考えうる要素を、盛り込んでみた、そんな感じ。

具体的には、まずブランク自体にフルソリッドを採用しました。
最終的にルアーへ伝達されるニュアンスをもっと根本的に違うものにして、魚の反応を確認するところから始めようと言う目論みで、以前まで使ってた竿をex1、今回試作したスピアーノをex2とし、1の結果と2の結果を見比べて、そこから互いの共通点なり、傾き方のさじ加減の把握なりをしていくための、所謂叩き台。 ノ゚д゚)ノ 彡┻━┻ 

そして副次的に「じゃぁフルソリッドの特性を活用するために、必然的にガイドは増えるよねベイトだし」となったわけで、その上で竿としての実用レベルを満たそうとした、更なる副次的結果として、ガイドが準マイクロセッティングになったとう次第ですね。

ここまで長々と語ったことを要約すると。

今までの竿で物足りなくなったので、もっと釣れる竿が欲しい!と思い、どうしたらいいかな?と考えた結果、全体的に小口径セッティングのオールソリッドベイトロッドができまたよ。

と、そんな話。

実際出来上がったモノとしては、どうだったのよ、っていうのが先の土曜の釣果。

20100515-(5).jpg

ぼちぼち、順調、デス。

あれからそれなりに考えて、これからどう調整するかどうかがぼんやり見えつつあり、それを次回釣行でハッキリとしたものとして捉えたいところです。


とりあえず、柄にもなく、情調的というか惰性的に能書きを書き連ねてしまったので、収拾がつかなくなってまいりましたので、ここいらでバッサリ流れを無視したいと思います。 (´゚д゚`)
なんだかんだ言いましたが、今すべきは、いち早くもう一度実地テストを、今度は他者同行で行いたいということ。

の為、実は振休になった明後日に、三瀬入りします。

冴えない彼の後ろで、こそこそと釣ってこようと思いますー。

以上、新入り報告、みゃおでしたー。

| 2010/05/19(Wed)23:57 | ロッドネタ |
ポカり

水分は足りてますが。

みゃおです。こんばんあ。

ポカりました。 ( ゚`A´゚ )


予定通り、釣りに出向いたは良いものの、肝心の魚を撮り損ねるという凡ミス。
その時、愛機CX1は車内に放置プレイでした。

うむむ...。

20100516.jpg

その後、戻った車内にて、CX1でパシャり。 (σ´Д`)σ

そもそも釣れた魚も目的の魚ではなかったので、なんだかなーという感が否めず、かと言って目新しい発見等も特になかったので、昨日と比べるとどうしても、不完全燃焼。


20100516 (2)

代わりに、現在熊本在住は友人 K に送ったスイッチスンタンス57での釣果報告でも載せ。
こちらは順調なようです。

自分も負けてられませんねぇ。

ただ一先ず今日は、他の作業関連ネタが記載するに追いつかないので、このくらいで。
只今仕上げ中の、昨日の立役者が、次回のネタになると思われます。

そんな感じでよろしくどーぞ。

みゃおでした。

| 2010/05/16(Sun)23:13 | 釣り |
流星に乗れ?流行に乗れ!

20100515-(22).jpg

新入り1号、2号。

みゃおです。こんばんあ。

20100515-(2).jpg

20100515-(8).jpg

本日は、近所の野池群へ、新作のテストに行きました。
実はしゅうへーから、北九界隈の離島行きの誘いがかかってたんですが、ガソリン代が141円なんてジェノサイド設定なので、素直にお断りしました。 ヘ(゚∀゚ヘ)
そんなわけで、半径30km圏内でテスト内容に則したフィールドを、転々。

結果としては、リハビリ中なのを考慮しても、ぼちぼち出来すぎ?

流石は話題なジャンル、といったとこですかね。

自分のスタンスとして、流行や目新しいものについてはある程度の否定の姿勢が先行しがちなので、余裕があるようならば、実際に自分なりの考えに基づいた方法でそのカテゴリを実践してみて、それからの是非を判定するようにしていきたいなと思ってる最近です。

単に否定するだけなら、「好きじゃない」の一言で簡単に済ませられますが、そんなに簡単に可能性を放棄する手もないな、という考え方でして。
何事も、その時表面的に見えてる以外の可能性ってのは、多分に含まれていると思うんですよ。


と、いうわけで、順番が逆ですが、今流行のベイトフィネスなるカテゴリの竿を1本作ってみました。

色々と、思うところありけりですが、大雑把な感想としては、先述のような感じ。
これから色々とまた、思索、試作、施策。 ・∀・)・∀・)・∀・)


がんばりたいですね。

20100515-(24).jpg

因みにコイツの方は、あまり出番もなかったことから、からっきし。 ( ゚`A´゚ )
明日は活躍できたらいいなぁ。


各新作についての詳細は、また後日。
先日予告してたディストーションは、漸くガイドが揃ってこれから作業なので、恐らく先にこやつらの紹介になるかと思われます。

お楽しみに?


余談。

20100515-(15).jpg

本日のビゲスト。
テスト竿以外で釣ってしまってる辺りが、ナンセンス。
とはいえ、ぼちぼち復活気味?

みゃおでしたー。

| 2010/05/16(Sun)03:32 | 釣り |
先の週末

翌金曜、なう。

みゃおです。こんばんあ。

帰宅してからの更新猶予時間のあまりの短さに、更新が途絶えてました、自分です。
日曜のうちに更新しとけと言う話に他なりませんが。

んで。

20100511-(2).jpg

既に記憶も薄ら飛びかけてる先の日曜には、野池心を取り戻してきました。
土曜は土曜で、例によってからっきしだったので、何時かの如く、思い切ったハードルの下げ方に出ました。

具体的には、感覚的にいまだに取り戻せていなかった、ノーシンカーとかの極々軽い釣りを中心に、魚が口を使いやすい、使いにくいを左右する、人間の慢性的な部分での感覚の矯正を。

具体的かつ、抽象的ですねぇ。 (・∀・)

例えば、北山ダムと琵琶湖とでは、根本的に構築する釣りのプランが違いますが、所謂、そういった分岐から起きる、分岐の先で求められる各精度の上昇のようなイメージが、ここんとこの修行内容。

今回で言えば、野池のようにワンスポットの極小さいエリアに限って釣りをすることで、単純にその限られたワンスポットを、丁寧に攻めるということを意識付けての釣りでした。
1投にかける時間を強制的に長くするために、リグウェイトを落とし、かつそのウェイトでもアプローチ、アクションの質を落とさないことで、単純に今までの取りこぼしへスコアに反映させようという試み。

結果として、数のスコアはそれなりに伸びましたが、果たしてこれが、もっと魚の「個体数」と「個体質」のバランスの違うフィールドへ出向いた時に、どの程度通用するか?というのが今思案しているところ。

ここで順序よく、ステップアップしていきたいもんです。


ところかわって、自宅、後日談。

20100511-(6).jpg

丁度1年経つ、ツインパワーをメンテナンスしました。

初めて解体するモデルだったので、内心、ワクワク半分、ハラハラ半分でしたが、途中、そのハラハラの含有量が75%くらいまでなったりしたので、若干心臓に悪かったです、正直w

内部構造に大きな変化という変化は見受けられませんでしたが、基本的な構造に対してアシストする方向で、ニクい小業が光ってたりしたとこには、バラす立場としては非常に面白かったです。


最後に余談、本日の晩餐。

20100514.jpg

親子丼。
高騰してた葉物野菜が漸く落ち着き始めたようなので、贅沢にキャベツの千切りをご飯の上に敷いて。
因みに具の方にも一工夫。

20100514-(4).jpg

卵が若干古くなってて、キチンと火を通したかったんですが、具をガチガチにしたくはなかったので、豆腐を砕いて混入するアレンジ。
卵が固まっても、その内側には温まって軟らかくなった豆腐があるので、ふわふわのままの仕上りに。

実は来週同船させてもらう予定なんですが、最近自炊がブームらしい、冴えそうでまるで冴えない彼に、ご指南いただこうかな?と思ったり、なんだり。

とりあえず、これから明日の準備にとりかかります。
いざ、今週も、リハビリ。 ヽ(`Д´)ノ

みゃおでしたー。


| 2010/05/14(Fri)23:25 | 釣り |
想定と、結果と、考察と?

escape from reality?

みゃおです。こんばんあ。

連休's High も燃え尽き、見事に平日な本日。
果たして幾人が、現実から目を背けたい心境に駆られることでしょうか。

自分の場合、連休中も半分仕事に出たり出なかったりだったので、そうでもなかったりなんだり。

ただ如何せん、休んだ感も、そうでもなかったりなんだり。


そんな感じ。


さて。

20100506.jpg

そんな連休、北九の「カルディナ ブルーシートエディションを駆る男」しゅうへーから、任務報告。


先日も紹介しました、この「FAZZ」。
ブランク単体で見れば、エギングロッドとしての能力というか、ブランク特性として突出したものを持っているわけではありませんでしたが、『Kガイドによるローライドガイドセッティング』と、『#1・#2を併せて構築したスパイン配分』の、大きく二つのファクタによって、想定していた「汎用性の高さに富んだ竿」に仕上がりました。

小口径セッティングにおけるティップセクションが持つ、ベリーへの影響力の最低値 → LDB > K
であることと、#1と#2のスパインを、併せて一つのスパインとして考え、例えば単に1箇所を支持する目的で設定されるスパイン配分とは異なる、竿全体の許容範囲の底上げに反映させることにより、「汎用性に富んだ竿」としてのクオリティの高さを具現化できたのではないかと、思います。

「1ozクラスのメタルジグにおけるパフォーマンスが高い」というしゅうへーのコメントは、予想していた方向性ではありつつも、「メタルジグなら1ozくらいが丁度いい」というニュアンスは出来すぎだったので、自分でも驚き。
ある意味、狙った線を上に逸脱してるので、NGはNGなんですが、各部の構成のバランスが、丁度彼にジャストフィットだったということも大きかったようで、なんだかんだで結局は出来すぎ?

そんな感じの完成後記です。

ブランクのポテンシャルを存分に引き出す今回は、なんだかノットの研究をしているような心境をふと味わいましたが、その特性をコントロールしようとする普段の製作の姿勢とは違うものを感じました。
が、やはり、その「如何に本質をスポイルしないか?」というノット根性は、神経が擦り減るので、程ほどにしたいな、というのも正直なところな自分ですw

現在鋭意進行中、『DISTORTION』は、もっと率直にがつがつ逝く竿なんで、そっちでまた違ったものをぶつけてカタチにしよーと思います。

それでは、以上、しゅうへーの報告更新と、自分の製作後記でした。

おそまつさまですー。



| 2010/05/06(Thu)23:06 | ロッドネタ |
種まきの駄賃

20100504-(28).jpg

黙する男(女?)の、いなせなアップ。

みゃおです。こんばんあ。

大型連休にも終わりがちらついてきました、今日4日。
相も変わらず釣果不振な自分ですが、本日は母方の実家へ人海参戦。

上の写真は、その戦術の手足となってあくせくしてる最中の、ランデブり。

仕事の仕上げに、最初の水張りまでしてきたので、いよいよ彼らのエセトピア。


で、行きがけの駄賃とは言ったもので、行きと、帰りとの、その道中、色々と散策してきました。
累計で、3時間ばかり竿を出しましたが、やはりなかなか、抜け出すべくところから抜け出しきれずに、やきもきしてます。

それでも、少しばかりは、空回りしてたものが地に付き噛合いつつある感じもあり、暁光?

20100504-(6).jpg

いや、人違いだし。


20100504-(7).jpg

がっつりいってますが、やっぱり人違い。 (´ー`)y-~~

余談程度に。
この時期の自分としては、ネコリグとか、トゥイッチ系のシャッドとかをメインの組み立てをします。
シャッドはともかくネコリグで、重いならともかく1/64ozでも、以前はクリアできてたような岩やゴロタで、ぶっつぶつ逝った辺りに、まだまだリハビリの必要性を切に感じます。


この調子では、幾らストックがあっても間に合わぬ...。 ( ゚`A´゚ )


20100504-(10).jpg

勿論シャッドも併せて、諸々の細部感覚のリハビリへ、段階移行していきたいです。
なんとかハイシーズンには間に合わせたい...。

それにしても、今年はなんだか、色々と牛歩ですね?
有難いですが、それでもぼちぼち、ピークっぽいのも確かなので、尚、がんばりたいですね。

みゃおでしたー。

| 2010/05/04(Tue)23:04 | 釣り |
低迷具合がゴールデン

中間報告。

みゃおです。こんにちあ。

人によっては29日から1週間と、今年もなかなかにぶっとんでるGWですね。
この忙しいのに「規定時間以上働くな」という制約の中、更にそれに輪をかけるこの金ぴか野郎は、有難くもどこか好きになりきれない自分です。

あ、因みに自分の場合、昨日からの5連休。

29日は出勤してましたので、ネタなし。

で、そんな連休初日の昨日。

20100501-(3).jpg

いい加減、今年こそまともなイカを...。
と、出向いた先では絶賛向かい風。
このエリア一体が北向きなので、この時点でサレンダーなんですが、一応、岸から20mくらい一帯に群生するウィード絡みで、出遅れ産卵個体を狙ってみました。

が、やはり不発。

潔く、軟体生物を諦め、黒々しいアイツを求めて彷徨いました。

ここ1年間なりに、経験値の高い順に場所を巡っていったんですが、その出頭、近所の野ダムにて。

「年頭から2ヶ月くらい、完全に水抜いとったんでぇ。」

と、何故か湖畔で洗車してるおいちゃんに言われ。


20100501.jpg

他のクランク場ではこんな看板とか。 ( ゚`A´゚ )


結局、昨日も、ボ・ウ・ズ。

北山釣行以外では、まともに魚に出会えていない自分です。
今日も、一応、行きますが、早くも前途多難な連休に、心がくじけそうです。 (゚∀。)


あ、そうそう。

20100501-(5).jpg

リファインしました。
詳細はまた後日おってするかもですが、とりあえずKガイドへの換装と、グリップの形状変更。
全体的に、シャープになりましたー。

はやいとこ、血を入れなおしてやなんといかんとです。 ( ・`д・´)

みゃおでしたー。

| 2010/05/02(Sun)08:49 | 釣り |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。