道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201205« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201207
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
川鱸の下積み励行中

20120618.jpg

今週末は、水揚げなし。

みゃおです。こんばんあ。

さてさて、金曜日の時点では「明日はイカか、それともリバーシーバスか」なんて一丁前に悩んでたりしましたが、蓋を開けてみればなんのことはなく、終日豪雨の土曜日。
梅雨の割には遠慮っ気のない降り方に、潔く引籠もりを選択。

それでも、夜の蚊帳が降りる頃になると、雨脚も遠ざかり、徘徊できる程度にはなったので、こ一時間ほど近所の河川を彷徨ってみましたが、収穫なし。

翌日曜、朝一の下げ一発目に合わせて、昨晩軽く流したポイントに入り直してはみましたが、あまり実績を上げたことのない類の河川のカレントに、有効な攻略の手札が自分には足りないようです。


とりあえずは、良い機会だと思って、あまり得意には感じていない類のルアーや手立てを織り交ぜつつ、自身のシーバス釣りの礎の築いていきたいと思います。

大事だと思うのは、飽くまでマイペースに。

周りの人間の釣果にばかり気をとられると、大体空回りしてしまう体質の自分に言い聞かせつつ、精進したいと思います。


みゃおでしたー。


-余談-

此度土曜日中の引籠もりの供。



「声無しか」と初見感想を抱いたのも束の間。
他のクトゥルフTRPG動画には無い、独特の暗澹冥濛な雰囲気に、引き込まれます。

現在、25話。

シナリオも折り返し、エンディングが見えてきたところでますます目が離せません。

スポンサーサイト
| 2012/06/18(Mon)23:22 | 釣り |
フォトショで遊ぶ

写真は加工する前提で撮ってます。

みゃおです。こんばんあ。

とはいえ、加工の手間は少なければ少ないほど楽ですが、逆にせざるを得ないカタチに撮ってしまうことも、ままあるわけで、そんなときには、通常に比べて、もうひと手間かけてたり。

20120604-(6)A.jpg

20120604-(6).jpg

途中で面倒くさくなって、下のほう水の反射のように見えなくもない、消し残し放置。


20120611-(13)A.jpg

20120611-(13).jpg

背景の電柱を消す、なんてのは、よく教科書にも載る手法ですね。


20120611-(10)A.jpg

20120611-(10)B.jpg

そして遊び心も、程ほどに。
右上の奴のように、半身水に浸かっている感じも、思うが侭。


びば、フォトショップ。


そんな場しのぎ更新。

みゃおでしたー。


| 2012/06/14(Thu)22:42 | 未分類 |
晴天の行橋

20120611-(9).jpg

麦藁帽子の涼しさはガチ。

みゃおです。こんばんあ。

さて、既に日付が変わって一昨日の話ですが、予定通り、行橋で田植えでした。
とはいえ、段取りとしては半分以上が機械仕事で、周りの人間のすることとと言えば植え継ぎくらいなわけですが、そこに輪を掛けて田んぼの中に入るつもりはさらさら無い自分。

役立たずなこと必至です。

一応、苗の運搬係として、一輪車と共にせかせか動き回る一日でした。


20120611-(17).jpg

半分くらい顔見せを兼ねてるので、皆様お変わりないことが判ってよかったです。


20120611-(28).jpg

ちょこっとだけ時間が出来たので、帰りしなに野池に立ち寄ってみました。
現在ニュアンスと格闘中のエポックメイキング2号機。

落としどころとして、1.0~4.0gくらいの全体重量をもったルアーの水噛み感の中でどうこうできるニュアンスという目星を付けているんですが、相対してして現状どんなもんか。

0.9gのジグヘッド使用時の感触にもう少し手応えが欲しいところです。


因みに写真のジグヘッドは1/16。


もう少しいろいろやってみたいと思います。


みゃおでしたー。


| 2012/06/12(Tue)00:37 | 釣り |
違う、キミじゃない。

20120609.jpg

今週の人違い。

みゃおです。こんばんあ。

さて本日は、朝一8時30より、船舶免許の更新講習を受けに、大分市へ。
講習自体は1時間ほどで終りましたが、それから午前中一杯は別件に彷徨い、時間があれば...と考えてた大分川へは13時前に到着。

まだ下げ潮も殆ど効いてない時間帯からスタートの、2時間後には納竿という予定のうえに、丁度朝からの曇り空が綺麗サッパリ晴れ渡ったこともあって、正直期待は出来ないだろうとは思っていましたが、その割に梅雨のリバーシーバスの走りを思わせる雰囲気もありつつ、でも結果としてはフッコクラスのバイト→ジャンプ一発でフックオフの単発で終了という貧果。


最終的な水揚げは、駄目もとで足元を探っていた時にエンカウントしたチヌっ子。


まななんにせよ、魚を触れて良かったです。 ( ノ*゚Д゚*)



明日は、行橋へ代掻き、田植えの手伝いに行って来ます。
勿論、バスタックルを忍ばせて。


予定では、豊前界隈です。


それでは。

みゃおでしたー。

| 2012/06/09(Sat)21:46 | 釣り |
後任開拓

20120604-(6).jpg

先日のhitエギ。 ´・∀・`)

みゃおです。こんばんあ。

唐突ではありますが、最近になって漸く、アオラTOの良さが判ってきました自分です。

TOに限らず。
アオラのあの気色、これはひょっとして大分県南の厳冬期エギングに合うんではなかろうか?
そんな思惑です。

と先の話はさておき、初見の時こそ「アオリーQに比べてセクシーっ気の無いデザインやな」とたかをくくっていましたが、実は使い込んでみないと判らない良さというものがある様で、良さに気づいた途端、芋づる式にその魅力に魅せられている感が否めません。



しかしながら廃盤のこのシリーズ。 ヽ(´A`)ノ



それ故に、店頭で見かけたときは大体黄札値ということもあり、持ち合わせがあれば手を出していますが、抜本的に、この手の方向性のエギを探しておく必要、そしてその感触に馴染んでおく必要はあるだろうと、この機に後任の開拓を開始しました。



下調べとして、先日の釣行の際に、このまんまの話題をしゅうへーに振ってみたところ。


「ほんなら墨族使ってみたらいいんやなぃん? ( ・∀・)ノ」


とのこと。


ふむふむ、成る程。
丁度そのときにしゅうへーが使っていた件のエギを使ってみると、アオラほどではないものの、それっぽい雰囲気を感じる動きをするエギです。


というわけで。



20120607-(16).jpg

近所に釣具屋にて、丁度店頭にあった下地違いでの3色を購入してみました。
無難な色でも良かったのですが、ちょっと冒険してみました。


20120607-(11).jpg

20120607-(10).jpg

今まで、殆どアオリーQ一筋でやってきただけに、この手の下地はなかなかに新鮮ですね。
他にも「クリアレッド」なる下地があるようで、この辺りに可能性を感じなくも無いです。

ただこの辺を試すなら本格的な厳冬期シーズンになってからでしょう。

とりあえずは、近いうちに一度試投の機会を設けてしゃくって来たいと思います。 `・ω・´)ノ


-余談-

アオラ/アオラTOを見かけた身内諸君。
この機会に自分に貸しを作ってみては如何でしょうか。
なーんて上から目線の私信を発信してみるテスト。


みゃおでしたー。


| 2012/06/07(Thu)22:49 | 小道具ネタ |
フォトレビュー~山陰ツアー~

20120604-(26).jpg

というわけで、昨日の振り返り更新。

みゃおです。こんばんあ。

本日は、普段にもまして、発言控えめの写真主体で参ります。


では、本編。


此度、赴いた先は。


20120604-(22).jpg


20120604-(24).jpg

山陰は、角島周辺。


20120604-(4).jpg

釣果はこんな感じ。
潮止まり一歩手前で、最後っ屁とエンカウント。


20120604-(11).jpg

折角なので、しゅうへーに持たせてみました。
うむ、なかなかいいサイズです。


20120604-(12).jpg

こちら、潮止まり後の小休止中のコンビニでの一枚。
出発からこっち、完全にオチてて全く見せ場のない、荒ぶるピンク。

もとい、岩室たくちゃん。


この後、状況の打開が困難と判断し、一路南へ。


20120604-(30).jpg

ところかわれば、和布刈公園。


20120604-(34).jpg

イカから趣きを一転、ボトムとの距離感と、そのカレントとの対話を楽しむ時間。
関門アコウは今が旬だそうです。


20120604-(35).jpg

因みにこの日は、いつかの池ポン'sギフト「輪蟹」が活躍。
途中、しゅうへーの強奪にもあう始末。


20120604-(37).jpg

そして根魚いじめに定評のある彼も、漸く復活。
荒ぶります。


20120604-(39).jpg

こんな可能性も模索してみました。
その日のお魚さんの状況によっては、こういう方向性もありのようです。


4月のジギング以来、久方ぶりに、なかなかの刺激あふれる釣行でした。

若干調子に乗ったのか、今日は軽い頭痛を引きずってますが、なんてことはなく、しゅうへーもおんなじ状態のようです。

こんな風に、後先省みずに夢中になれるので、釣りはいつまでも楽しいですね。


釣行で得た竿方面での収穫は、また近いうちに話として纏められたらいいなと思います。


それでは。

みゃおでしたー。




| 2012/06/04(Mon)22:56 | 釣り |
いつぞやの珍百景~あれから~

大潮一歩手前の土曜日。

みゃおです。こんばんあ。

というわけで、今週末も迷わず近郊イカ調査。



のっ!




はずでしたがっ!




明日、北九で落ち合っての山陰イカ狩りの引き合いがあり、本日はガソリンを節約。
車で10分ちょっとのところにある、時々行く野池へ、試していなかった試作の振り回しに。


R0106386.jpg

エポックメイキング(2号機)


R0105750.jpg

去年に一度作った1号機のニュアンスが物足りなさ過ぎたので、大幅にレイアウトを変更して小手先仕様に特化した装丁にしてみました。


R0106385.jpg

設定調整するのを忘れて、この写真だけホワイトバランス失敗。
数もサイズも大して伸びませんでしたが、組立当初に想定していたニュアンスに対して、思ったよりひらきがある仕上がりになってるようなので、もう少し考えなければなりません。

あとどうしても、この手の竿での、飛距離に関する調整は、苦手です。


まぁモノとしての仕上がりの目標は、今年の厳冬期なので、気長にやります。



そうそう、そういえば。


R0106389.jpg


20120303-(12).jpg

匠の業を見た土曜日でした。


| 2012/06/02(Sat)22:33 | 釣り |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。