道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201209« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201211
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
だがその釣果は無類である

20121030-(23).jpg

敗残兵 2号。

みゃおです。こんばんあ。

昨日、実は振休でしたので、しゅうへーと冒険をしてきました。
未だ見ぬ離島に胸を弾ませての挑戦だったわけですが、蓋を開けてみればなんのことはなく、いつも通り、大自然に翻弄されるだけの一日でした。

因みに敗残兵1号は、勿論、自分です。
呑気に撮影なんてしてますが、この数十分前には同じように犬走り突っ伏してたりしました。


20121030-(22).jpg

ジグはともかく、プラグ類でももうちょっとどうのこうの出来る様にはなりたいですね。
終いには、この日の帰路の議題に筋トレが挙がる始末。


立ち向かえ向い風(10m)!!!!!!



20121030-(21).jpg

最後の足掻きに、リバーシーバスにも手を出してみましたが、こちらも完封。
黒星を悪戯に増やす結果となりました。


最後に備忘録として、ちょっとだけ思ったことを。

今使っている10ft6incのMHくらいの竿に対して、今後の展望を整理。
素直に今より若干ファストテーパー気味にすることで、潰しが利く現状の良さをそのままに、操作感を強調する。

若しくは、今の竿はそのまま据え置き。(→最終的にmax70g プラッキング用に固定)
新規にハリの強い曲がらないファストテーパー(≒スローテーパー)+モアパワー構想。

今更ながら、多聞な意見としてあるように、1本でもう少しどうこう出来る竿にならないか、検討してみるところから再スタートしてみましょう。

-余談-

「四畳半神話大系」コンプリート。



森見登美彦 × 中村祐介 × ASIAN KUNG-FU GENERATION

スポンサーサイト
| 2012/10/30(Tue)23:14 | 釣り |
不定期グラビア~三瀬~

20121021-(7).jpg

郷愁のトリコロール。

みゃおです。こんばんあ。

先の更新より少々間が空きました。
ちょっと釣りには行けてないですが、今週の仕事の山を越せば、また余裕も出来そうです。

そんな最中のお茶に濁しではないのですが、今も尚ご健在な三瀬の彼女での本日の更新。


20121021-(11).jpg

20121021-(16).jpg

20121021-(8).jpg

20121021-(1).jpg


みゃおでした。
| 2012/10/22(Mon)01:26 | 未分類 |
CD5の鉄板っぷりは異常

20121013-(2).jpg

先週のおさらい。

みゃおです。こんばんあ。

往復1000円でいける週末の旅、。
先週の味を占め、またしても短時間勝負です。

「味を占めた」とは言えど、それはかかるガソリン代的意味で、フィールド的にはあまり開拓しきれていないのが現状。
このすぐ近くにあるもうひとつの漁港も併せて、午前中の時間手広く探索してみました。

本命として狙いを定めると、途端に遭えなくなるのは良くある話で、鯒ッ気はサッパリ。




(・ω・) ふぅん...。




ぼちぼち潮時かな、と思いながら手を拱いていると、チラリ視界を横切る黒い影。




( ゚д゚)




浅場の岩の間を縫う様に消えていった魚影...。




(゚Д゚) もしや...。




丁度試したい竿もある事だし、という具合に、ラパラCD5をセット。


件の浅場の沖へアプローチし、ブレイクに絡むように、ある程度沈めた位置からボトム小付き気味にトレースすると、あらこんにちわ。


20121013-(4).jpg

塩焼きサイズをゲッツ。

写真を撮っていたら、12時のチャイムが鳴り出したので、潔く撤収となった本日でした。



-目下進捗中-

20121013.jpg

色々と可能性を感じる1本。
先日の一文字では出番すらありませんでしたが、これから深まる冬季シーズンには、どっしり腰を据えて経験値を稼いでいきたい所存。


みゃおでした。

| 2012/10/14(Sun)01:11 | 釣り |
先日の立役者

週末を目前に、既に車はエンプティ。

みゃおです。こんばんあ。

そんなわけで、今週末は果たしてどこに行けるやら、と相変わらずくすぶっている感じです。


が。


なんとか更新する癖を少しでも身につけたいので、ネタを見出す努力をします。



20121004-(9).jpg

ジャックアイ D-slide 30g (ハヤブサ)


一文字では不発でしたが、先日臼杵、場繋ぎ釣行での立役者ですね。


個人的なジグへの目線で評価しますと。

初動時の水掴み感 : ★☆☆☆☆
以降の水押し感 : ★☆☆☆☆
沈下スピード : ★★☆☆☆
カラーの好み : ★★★★☆

特技 : 滑空距離が長い


別に星が多ければ善しというものでは無いのは皆様ご存知でしょう。
要約すると、終始軽やかに扱えるシロモノ。

先調子の10ft6inc MLクラスのシーバスロッドで狙う自分にとって、申し分ない総合力。
加えて、その軽やかさそのまま1アクションで、ながーい距離を滑空させてこれる空中戦向けなので、先日のようにナブラうちの時になんかも、潰しが利くということで、重宝してます。

個人的定番です。



今週末も、何かを魅了してくれることでしょう。

なんて夢を見たいものです。 (´ー`)y-~~



みゃおでしたー。

| 2012/10/11(Thu)22:25 | 釣り |
不定期グラビア~E・SO~

20121007-(1).jpg

大勝丸待ちの図。

みゃおです。こんばんあ。

予定していた日高さんとの大分一文字青物討伐から帰還しました。
ぶっちゃけると、ホゲたわけですが。

朝一の僅かな時間に、極小型の群れのナブラが度々発生したのですが、拿捕ならず。
それと関係ないところで、日高さんが唯一釣ったヤズから、追ってるベイトが4cm程らしいということが推測され、無駄に納得のいく結果、という感じです。



それ以外では、終始エソを持て余してました。



因みに自分は、一文字から撤収して日高さんと別れた後、先日の田ノ浦ビーチで第2ラウンドとしゃれ込みましたが、釣れる魚は相変わらず。



20121007-(61).jpg

カッ!!


20121007-(19).jpg

カッ!!!!


20121007-(69).jpg

一角獣モチーフの特殊メイクもなんなくこなします。


因みにこのエソ、この後猫の胃袋へと召されることと相成りました。

20121007-(67).jpg

下手人。


とりあえず、良くも悪くも、自分らしい釣行ではあったと思います。

楽しかった。 (*´ー`*)ーЭ


では、寝ます。

みゃおでしたー。

| 2012/10/08(Mon)01:45 | 釣り |
場繋ぎにしては出来すぎ



先日のヤズ狩りで調子にのって、本日も期待薄ながら探索してきました。

みゃおです。こんにちあ。

今晩から日高さんとの釣行が控えている都合で、あまり遠出はできないので、自宅から40分ほどの、岬の先端に位置する漁港に釣り座を絞り、潮どまりまでの2時間ほどに集中しての捜査を実施しました。

地域的に、あまり青物とのエンカウントが期待できるほど実績はないのですが、そこは先日の釣行の影響で、目が曇っているので、華麗にスルーしての突貫釣行。

沖に離島が位置し、潮が小さくでもそれなりの状況が出来上がるのですが、魚影的にナブラが起きるような状況ではないようで、結局ヤズの「ヤ」の字も無いままに、潮も収束。



むーん。



しょうがない、エソでも苛めてから帰るとするか。 (・∀・)



と。

僅かに残った潮目と、そこに隣接する澪筋との間の、なんかしら魚がいるならココでしょう、的なエリアをボトム切るくらいでネチネチ探っていると。







どぅるんっ。







エソ。






( ゚`A´゚ )


30cmくらいの、よく見る外道。
ここまで狙い通りだと、逆に面白くなく感じるので、人間困ったものです。


とか思いつつも、しつこく投げ続ける。








そしてまたしても。


どぅるんっ。







20121006-(1).jpg

あ...れ?


先日の釣行といい、なんか微妙にツキが向いてて、逆に怖い気がしますが。
クーラーを持ってきてなかったので、近くでサビキやってたおじさんに、献上してきました。


この勢いをうまいこと、今晩からの釣行に引きずっていきたい所存。 (`・ω・´)


みゃおでした。


| 2012/10/06(Sat)15:17 | 釣り |
臼杵にイナダいまそかり



開幕は、佐賀関の朝日。

みゃおです。こんばんあ。

というわけで、昨日の釣行とりまとめと参ります。

一発目は、開幕の写真どおり、佐賀関の地磯、サーフよりスタート。
ゴロタのサーフも隣接し、青物、ヒラスズキ、フラットフィッシュが混生する割と稀有なフィールドに、少なからずな期待を抱きつつ、朝一のゴールデンタイムに挑みました。


しゅうへー : スカ
自分 : ヒラフッコ ×1 (取り込み失敗)


些か、物足りない駆け出し。 (´ー`)y-~~
その後、朝食をとりつつ議論を交した結果、一つ南の臼杵半島飛潮鼻→津久見四浦半島間元とランガンを結択。


先行の飛潮鼻までは、道中小1時間ほどの道のりでしたが。



「通行止め」



先端まであとほんの数分という地点で、工事による通行止めとランデブー。




( ゚`A´゚ )




幸い、一時間ほどで解除されるということなので、そのすぐ目の前の漁港で場を凌ぎます。






一時間後。





20121004-(8).jpg

飽きない程度にポツポツ。
なんと言うか、こんなとこに給っているとは思ってなかったので、ラッキーでしたね。

攻めるごとに、時間を追うごとに、少しずつ反応がシフトしていく様が、自分にとっては良い復習になりました。 (*´∀`*)


その後、本命の飛潮鼻にて、トップから始めて根回りまでネチネチと、じっくり釣り込んでみましたが、収穫なし。
次第に海の様子も、南の台風のうねりを多分に含み始め、これ以上の南下は好転には繋がらないだろうと判断し、予定を変更。

大分の鉄板ポイント、田ノ浦ビーチにて、日没間際まで、集団にまぎれてしゃくり続けましたが、結局ヤズを3本ほど追加しただけで、ドラマの無いまま納竿。


途中まで良い具合に物事が廻ってましたが、なかなかどうして、そう簡単ではないですね。

ただ田ノ浦ビーチは、大場所ということで今まで敬遠していて、今回初めて釣りをしてみましたが、話にでるだけあって、なかなか面白い場所でした。
ので、出来れば近いうちに、もう一度じっくり腰を据えて挑んでみたいと思います。

なにやらノされるような大物がかかるという噂の実態を、暴いてやりますよっ。


さて、話の趣は少し変わって、今回のしゅうへー。

20121004-(23).jpg

あり。


20121004-(24).jpg

おり。


20121004-(25).jpg

はべり。



一体いくつまでそのテンションで生き続けるつもりの生き物なのか。
そのうち本人に問い質してみようと思います。


| 2012/10/04(Thu)23:40 | 釣り |
今釣行を総括する1枚。



安定のしゅうへー。

みゃおです。こんばんあ。

とりあえず、続きはまた明日にでも。


| 2012/10/03(Wed)22:07 | 未分類 |
鴻雁来たるや神無月

神無月というか、金無月。

みゃおです。こんばんあ。

生意気にも20余年ほど生きてきて、「先立つもの」とは余り言葉として使ったことが無く...。

今になり、色々と、思ふことありけり。


そんな感じ。


要するに、ここんとこまたも極所的な金欠で、釣り方面ではまるで身動きがとれずにいます。
しかしながら、苦難の甲斐あり、本日、ようやくその苦行からの脱出を示唆する光明が。




ほっ...。




肩の荷が下りるというのは、こーいうことですね。

とは知ってか知らずか、唐突に複数方面から釣りのお誘い。

まずは明日。
先日の振り休を活用しーの、しゅうへータクシーでもって、県南へ遊びに行ってきます。


20120920-(41).jpg

本格的なシーズンインまでには組上げようと思っていた奇天烈を引提げて。


あとは3連休中日の7日。
熊本より日高さんが来るとか何とか。
こちらの必要経費は微々たる物ですが、何とか工面したいと思います。



すでに心は順風満帆です。


みゃおでした。


-余談-


| 2012/10/02(Tue)22:14 | 未分類 |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。