道楽。
いわゆる釣りブログ。そこらへんに転がってるクオリティでお届け。
201301« 12345678910111213141516171819202122232425262728»201303
PROFILE

みゃお

RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COUNTER

LINKS
search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 |
手のひら(サイズのヘラ)ぶな

20130215.jpg

手のひらぶなと戯れる親父殿。

みゃおです。こんばんあ。

写真は、先の週末の長崎よりの帰りの道中、佐賀のクリークにて竿を出していた親父殿と落ち合った際にパパラチった一枚。

あくまで、娘に逢いに長崎へ行ってた週末なので勿論自分の釣り道具は持参しておりません。
まぁ、要するにひやかしです。

さて2月の折り返し。
まだまだ寒いですが、頑張りたいと思います。


-余談-

作業中BGM





スポンサーサイト
| 2013/02/15(Fri)00:33 | 未分類 |
イラレで遊ぶ

本日は一応の釣りネタ。

みゃおです。こんばんあ。

年度末が近く慌しい今日この頃が故に空気を読んでか、以前ブラックでお誘い頂いた職場の方から、今度はメバルでお誘いを頂き、有り難くご一緒させて頂いて来たのが一昨日の晩の話。

ココ半年ほど使い続けている『ミニ磯竿』とか『ロング・アニサキス』とか身内で呼んでいるシロモノにて、2013年度初の魚の血を得るべく、お約束のフロート仕掛けで、なんとか...な一尾を搾り出してきました。


因みに今回は、アルカジックのF-3.5g + 1.4g ストローテイル2.5inc

フワフワ感のスローシンキングとはまた考え方の切り口が若干異なるフローティングタイプでのニュアンス探求が、昨年末からの課題でもあり取り組んでいるところでして、数こそ出ませんでしたが、経験値としては確かなものを感じることが出来ました。


20130202 (22)

ナイスプロポーションな25型。


リグ方面も然ることながら、冒頭で触れました竿に関しても、テスト投入当初から非常に良い手応えを感じていまして、製作時の条件は、バランス調整で色々と難しいところがあるものの、更なる派生展開に考えを巡らせると素直にワクワクするものがあります。


概要は冒頭でも上がっていますが、「スケールダウンした磯竿」という調子イメージ。


対しもり感に特化したティップセクションのニュアンスと、操作性。

最後にバランス、ひいては強度等。


といった感じです。

ただ度々思うのですが、言いたいことだけ適当に触れて、見てる人には何も伝わっていなさ過ぎるので、模範的なスペックだけでも表記。


20130202-(23).jpg

ノリでつい。
飽くまで名前は仮称である。


20120920-(41).jpg

別にテレスコである必要は、調子的には無いのですが、如何せん長物が故、軽量感を優先すると、スピゴット/フェラライトより磯竿形式の並継ぎが最も実用的、ということが多分事実だと思うのです。

あーでもガイド絡みの自重は悩ましい。


まだまだ荒削りな部分も多いので、今後とも煮詰めて行きたい1本です。


みゃおでしたー。


-余談-

作業中BGM



| 2013/02/02(Sat)23:52 | 釣り |
 │ ホーム │ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。